Windows 8の操作感と感想

前回に引き続いて、新しいノートPCに関して。

Windows 8のについて、仕様が変わってるなと思ったところや
個人的な感想。

ログイン

取り敢えず今までの Windows と違うところは
デフォルトのアカウントが
Microsoft アカウント(旧Windows Live ID)を使うように設定されていること。

(もちろん、今まで通りのユーザー名とパスワードという形でのログインも
ローカルアカウントという名前で使用可能)

Microsoftアカウントっていうのは、マイクロソフトが提供するメールアドレスであるoutlook.com(旧hotmail)をアカウント名としたアカウントで
簡単に言えばWindowsのアカウントが「メールアドレス」+「パスワード」になってた。
(自分の場合は、試用も兼ねてMicrosoftアカウントを新規作成した)

すでに Microsoft アカウントを持っている人はこれを使ってログインが可能。
今までオンライン上で保存したデータにアクセス可能。

このアカウントを持っていれば Microsoft がオンライン上で提供する色んなクラウドサービスを利用できる。
例えば、自分のHDDやSSDと同じ感覚で使えるオンラインストレージ OneDrive。
オンライン上で同期することもできるから、アカウントさえあれば別のPCからでもログインすれば、保存したデータにアクセスできる。

もちろん、アカウント名であるメールアドレスも利用可能。

見た感じだと、かなりクラウドコンピューティングを意識した造りになって
タブレットといった持ち運べて場所を選ばず、作業ができるようになってるみたい。

スタート画面はタブレットなどのタッチパネルでの用途を意識して、様々なアプリが並んでいる一方従来のデスクトップにも切り替えられる。

デスクトップ

Windows の代名詞のスタートボタンがなくなっているが
設定はマウスポインタを右に寄せるか、[Win]+[C]で設定画面にアクセスできるバーが出現する
設定やPCの再起動・シャットダウンもここから行う模様。
多分、今までスタートボタンからコントロールパネルにアクセスしたり
設定したりファイル検索したりしてた人からすれば、かなり戸惑ったり困惑したりするかもしれない。

因みに、デスクトップ上で [WIn] + [F] を押せばファイル検索ができる。
便利といっちゃ便利なだけど、でももうちょっと速度早くならないのかね?

(まぁ、本当によく使うファイルであればPATHを設定して[WIn]+[R]で
ファイル名を指定して実行からやればいいと思う)

感想

が、正直なことを言うとなんか煩雑というか、面倒臭いというか、中途半端な感じがする。
自分はデスクトップ用途として使うので、スタート画面に並ぶアプリは不要。
天気予報見たりメールしたりといったできるし便利だとは思うけど、不要なものは入れておきたくないんだよなぁ…

とはいえ、慣れるのにはそう時間がかからないと思う。
Windows Vistaからの移行で確かに変わった点もあるけど
全体的に全く変わってしまった訳ではないし、何より同じWindowsだしね。

他に分かったことや面白い機能があったら後々ブログにメモしたりと思う

そんなわけで、今日はここまで。

Windows Vista SP2でSP1のバックアップを削除して容量を空ける

Windows Vista SP2は、インストールすると
何か不具合が出てもSP1に戻せるようになってる。

ただ、SP2で特に問題ない場合
そのSP1へのバックアップを削除して
300MB~400MB程度、容量を空ける事が出来る。

だいぶ前(確か2009年の10月頃)に Windows Vista SP2 をインストールして
そのまま忘れてた。

そういう訳で、今日は Windows Vista SP1のバックアップを削除して
容量を開けてみた。

まず [Win] + [R] でファイル名を指定して実行を開く
「compcln.exe」と入力しEnter

UACを有効にしてる場合
「続行するには、あなたの許可が必要です」と効果音と共に出てきますが
「続行」をクリック。

この操作を実行すると、コンピュータ上のすべての Service Pack およびその他のパッケージが恒久的になります。操作の終了後、クリーンアップされたパッケージをこのシステムから削除できなくなります。

続行しますか?(Y/N): 

と出てくるので「y」と入力して、さっさと処理開始。

2~3分程度で終わるだろ、と思っていたら以外に長引く。
もう6分くらい経ってるんだけど、やっぱり10分程度掛かるのかな?

なんて思ってたら突然、コマンドプロンプト終了。

え、これで終わり?
どうやら終了したらしい。

普通に1GB以上空きができてて笑った。

というか終了したんだったら、終了したで何かメッセージくらい出してくれ、一瞬戸惑ったw

今日のちょっとしたPCトラブルとか雑記

今日、PC使っててやたら処理が重いなと思ってたら、CPUがずっと100%だった。

んん?今はブラウザ、テキストエディタ位しか起動してないし
特に重い処理してないんだけどなぁ…
と思いつつ Windows タスクマネージャで確認してみたら
「explorer.exe」のCPU使用率が100%になっていた。

※注:Internet Explorer じゃなくてファイルビューアの方ね。

あぁ、CPU使ってるのはコイツか。
とりあえず、プロセス終了。
どうせ終了してもすぐに再起動して元に戻るんだし…なんて思って
プロセス切ったら一向に Explorer が再起動しない。

あれ、しくじった?
スタートボタンも消えてしまい、シャットダウンやシステムの再起動もできない。
[Win]ボタン押しても、スタートメニューが表示されず。

はてさて、困った。
[Win]+[R]で「ファイル名を指定して実行」からコマンドプロンプト(cmd.exe)起動できれば
コマンドでシャットダウンできるんだが…こちらもダメ。

幸いにも [Ctrl] + [SHift] + [Esc] で「Windowsタスクマネージャ」は起動可能だった。

ここから[新しいタクス]をクリックし「cmd」入力で
コマンドプロンプトを起動する事に成功。あー、良かった。

「shutdown -s -f -t 0」と入力し、一度PCを終了させる。
しばらくPC放置して、もう一度起動してみたら無事に解決。


Linux Mint 13「Maya」登場 | エンタープライズ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/25/033/index.html

ベースはUbuntu 12.4 LTS でデスクトップ環境にはGNOME 3ではなく MATE 1.2 搭載。
記事中にも書いてあるけど、今までGNOME 2 を採用してきたが
GNOME 3でUIが大きく変わってしまったので
GNOME 2ベースに開発されたMATEを採用したもよう。

パソコンの問題を解決するおすすめのMicrosoft Fix it

Microsoft Fix it とは、Windows や Internet Explorer などの
Windows製品のちょっとした不具合や問題を修正できるツール。
Microsoftから無償で公開されているんだけど、結構知らない人も多そう。

Windows を使っていて何か問題が発生したら
以下からその問題を修正する「Fix it」を探し出して、インストールしてみると良いかも
(MSI形式なのでインストールは簡単)
Microsoft Fix it ソリューション センター

以下は何となく良さそうだなと思ったもので、自分用の備忘録。

IEの安定性関連

IEで固まったり強制終了が多い場合は導入してみると良い。

IE (Internet Explorer) がフリーズする、落ちる問題、または安全性およびセキュリティの問題
http://support.microsoft.com/mats/ie_performance_and_safety/ja

IEがフリーズ、固まる、落ちる場合のIEアドオンの問題
http://support.microsoft.com/mats/ie_freezes_or_crashes/ja

YouTubeなど動画再生中にブラウザが固まったり強制終了する場合は以下
http://support.microsoft.com/mats/video_freezes_or_crashes/ja

セキュリティ関連

Windows Update を更新できない問題を修正する
http://support.microsoft.com/mats/windows_update/ja

Windows の一般的なセキュリティ設定を自動的に診断および修復する
http://support.microsoft.com/mats/Malware_Prevention/ja

Windows ファイアウォールの設定など、Windows のセキュリティ設定の問題
http://support.microsoft.com/mats/windows_security_diagnostic/ja

システムとかパフォーマンス関連

パソコンが重い、パソコンの動作が遅い問題
http://support.microsoft.com/mats/slow_windows_performance/ja

システムメンテナンス
http://support.microsoft.com/mats/system_maintenance_for_windows/ja

以前の記事でも紹介したパソコンの消費電力を抑えるFix it。
http://support.microsoft.com/mats/windows_battery_power_settings/ja


また、Microsoft Fix it 用のクライアントである「Microsoft Fix it Center Online」もある。
Fix it をいちいちサイト上からダウンロードするのはちょっと面倒…
って人はインストールして使ってみるといいかもしれない。

Microsoft Fix it Center Online

PC内のデータバックアップを手軽に行う方法

今回は私がいつも行っているバックアップ方法について。

私がいつも行っているバックアップ方法は
バッチファイルを実行するだけで後は自動でバックアップ。

このバックアップには robocopy コマンドのミラーリングコピー機能を使用して
それでデータを同期してるだけで、仕組みはいたってシンプル。

その手順を書いていきます。
と言っても、robocopyによる同期は結構知られてると思う。

注意事項

注意事項として

当方の環境は Windows Vista なので
XP や 7 で動作するかどうか未確認。多分動くんじゃないかなと思う。

このバックアップには Windows Vista 以降に標準搭載の
robocopy というコマンドを使います。

Windows XP には robocopyコマンドが標準で含まれていませんが
以下からリソース・ツールキットを落として来てインストールすれば使用可能。
(当方の環境には Windows Vista しかないので確認は不可)

Windows Server 2003 Resource Kit Tools

このバックアップを使うに当たり、一番注意してほしいのがバックアップ(コピー)先の指定
バックアップ(コピー)先を間違えると、コピー先にある内容が全て上書きされてしまいます。

…実は、私自身失敗したことがあるので…。
その時は幸いにも、上書きされたデータが重要なデータではなかったので助かりましたが
十分に注意して下さい。

バッチファイル作成

robocopy の書式。
robocopy [コピー元] [コピー先] [オプション]

コマンドプロンプトから毎度毎度 robocopy を実行するのは面倒なので
バッチファイルにして一発で出来るようにする。

以下はバッチファイルの例(Windows Vista)
C:\Users\***\Documents (ドキュメントフォルダ) を F:\backup\Documents にバックアップ。
XPだと「My Documents」

@echo off
robocopy %USERPROFILE%\Documents F:\backup\Documents /MIR /XO
pause
exit

オプションの説明

/MIR
ミラーリングコピーする(変更されたファイルのみ差分を上書き)
/XO
コピー先のタイムスタンプが新しい場合はコピーしない

「backup.bat」みたいに名前を付けて保存。
後は、USBメモリなり外付けHDDなりを接続した後、実行すればバックアップされるはず。

失敗する場合

バッチファイル作って実行してみたけど、上手くいかない場合。
→ パス指定が間違ってないかどうか確認。

間違ってない場合↓
もし、なんか「アクセス拒否されました」的なメッセージが表示されるなら
それに書かれているアクセス拒否したフォルダかファイルを見てみると良いかも。

私がその問題に直面した際は、コマンドプロンプトからrdコマンドを使って
アクセス拒否するフォルダを削除して解決。
(dirコマンドでフォルダ内を見てみても空だったし重要なフォルダでもなかったので)

私が知ってる策はこれくらい。

Microsoftが無料で提供しているユーティリティ「Windows Sysinternals」

今日は雑記のみ。
今日はまぁ、だらだらと過ごしていた訳ですが、ちょっと気になるものを発見。
Windows Sysinternals

Microsoftは Windows用にこういうユーティリティも
無料で提供していたりするのであなどれない。

元々は、Microsoftじゃなくて別の会社が開発していたんだけど
Microsoftが買収したらしい。

とはいえ、コマンドラインからの操作になるみたいなので少し敷居が高いかもしれない。
まだダウンロードして使ってないので詳細は不明だけど
後で色々と試してみようかね。

それに、Microsoft純正の無料ウイルス対策ソフト
「Windows Security Essentials (通称:MSE)」とかもあるしね。
無料なので機能性はそれほど高くないけど

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials

「ウイルス対策にお金払うのもアレだけど、無防備なのも怖いから
ちょっとウイルス対策しておきたいな」
って人に向いてると思う。

正直、Windows 向けで無料のウイルス対策ソフトは結構多い上に
ウイルス検出機能が優秀だったりするので、別に無料のやつだけでも十分なんじゃないかな
と個人的には思ってる。

今日はこれでおしまい。
家でだらだらしていただけだから、書く事無いなぁ。

今日一日、(というか昨日もか) 調べたい事を調べて
まとめてるっていう作業をずっとやってたしね。

WindowsでCUIからデフラグを実行する

一応 Windows Vista では、「コンピュータ」→ ドライブを右クリック →「ツール」→「最適化」から
「最適化する(D)」を選択すれば、GUIからデフラグ可能ではあるけど
ここではCUI(コマンドプロンプト)からデフラグを実行する方法をメモ。

因みに、デフラグを実行するには「管理者権限」が必要になるので
コマンドプロンプトは管理者権限で開いておく。

管理者権限でコマンドプロンプトを開くには、コマンドプロンプトを右クリックして
「管理者権限として実行」をクリック。

ヘルプを表示するには、「defrag -?」もしくは「defrag /?」と入力する。

Cドライブをデフラグするには、以下を実行
defrag C:

参考記事によれば、セーフモードでデフラグすると効果的とのこと。

セーフモードを開くには、起動直後の画面で[F8]を押し
「セーフモード」とか「セーフモードとコマンドプロンプト」を選択すれば開く。

※パソコンのメーカーによっては、セーフモードの起動するボタンが
若干異なる場合があるので注意。

「セーフモードとコマンドプロンプト」で開いた場合は
GUIではなくほぼCUI(コマンドライン)での操作になるので注意。

コマンドラインからシャットダウンや再起動をするには以下を実行する。

コマンドラインからシャットダウン (-t 0 は、0秒後に実行するという意味)
shutdown -s -t 0

コマンドラインから再起動
shutdown -r -t 0

参考記事
karakara – 最適化


予備知識的なもの

因みに、GUIでデフラグしようがCUIでデフラグしようが
中でやってる事は同じなのでどちらも違いはない。

デフラグ(defrag)は、デフラグメント(defragment)【動詞】、もしくはデフラグメンテーション(defragmentation)【名詞】の略。

デフラグを解消するソフトを デフラグメンター(defragmenter)と言うらしい。
あんまり聞いた事ないけど。

ここまで書いてきてあれだけど、デフラグってあんまり使わない気がする。

桜の開花…など雑記

そういえば、そろそろ桜が咲く季節。
桜前線が北上中。

以下のサイトの開花予想図を見ると

開花予想は、西日本~東海、関東地方が4月10日までに
北陸~東北の南方が4月20日、東北の北方が4月30日
北海道が5月10日~それ以降までに開花となってるみたい。

名古屋が4月7日、東京都心が4月08日、大阪が04月09日に満開らしい。

今週末、桜満開前線は関東へ(2012年4月4日) – 日直予報士 – 日本気象協会 tenki.jp


なんて事を昨日のうちに書いて更新しようとしたのに
またもや Windows が起動しなくなって更新できなかった…。

電源が入らない訳ではなくて、Windows が通常起動しない。
BIOSまではちゃんと起動する…問題はその後。

ただし「セーフモード」では起動可能なので
「セーフモードとコマンドプロンプト」で起動して色々と遊んで
その後、再起動してみたら無事 Windows が立ち上がる。

まぁ原因はいくつか思い当たる節があるし(前に書いた記事→PCが重い原因)
本格的に原因解決した方がいいのかもしれないけど、面倒っす…。

Windows Vistaのサポート期限が2017年まで延長に

少し前に、Windows Vista、あと2ヶ月でサポート終了って記事を書いた事を思い出して
そういえば Windows Vista Home Premium のサポート期限が2週間後に迫ってるな
と何気に調べてみたら…

個人向けWindows Vistaのサポート期間が2017年まで延長、7は2020年まで -INTERNET Watch

日本マイクロソフト株式会社は、Windows Vistaのコンシューマー製品(Starter、Home Basic、Home Premium、Ultimate)のサポート期間を2017年4月11日まで延長することを明らかにした。これまでは、サポート期間は2012年4月10日までとしていたが、さらに5年間の延長サポートを提供する。

土壇場で延長かよ!
因みに、記事を読んでみると Windows Vista だけでなく
2015年でサポートが切られるはずの Windows 7 もサポート延長になるみたい。

その他、サポートライフサイクル一覧
マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル Windows Vista
マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル Windows 7

色々「新しいパソコン買うかな…」とか「あとちょっとでサポート期限終わるな…」なんて
言ってた自分が馬鹿みたいじゃないかw

良い意味で裏切られた半面、新しいPC買うタイミングを見失ったも事実…。
でもまぁ既存の Vista を持ってる人は、それを使い、新規に買う場合は 7 で決定だね。


以下は雑記。

ちょっと前に CSEMP が先に届いて待ち切れず PS2のパッドコントローラでやって
四段までいった自分。

早速 CSEMP を専コンでやってみたけど
BEGINNER ☆2譜面ですら、安定クリアしないという有様w

まず鍵盤が上手く押せない&皿との同時押しがダメ。

もうね、鍵盤と鍵盤の間を打ってたり、一つ隣の鍵盤を打っちゃったりと…。
リズム感というより、ぐだぐだ感半端ない。

完全に初心者の頃の自分に逆戻り。
これからまた地道なプレイが始まる。

最近、PC用DDR3メモリがすごく安い

ネットでPC関連見てたら、メモリがとんでもなく安くなっている!

4GB×2枚組が一番安いところでなんと 3,000円 切ってる…。

メモリのスナップショット

価格推移グラフの2年間のグラフを見ると
当初からガクンと価格が下落しているのが分かる。ジェットコースター状態
値下がり率、80.9%

これ、メーカーが儲かるのかどうかわからないけど
買う側にとっては嬉しい限り。

でも、8GBとか16GBとか大量に買って増設しても、結局余ったメモリを RAMDisk に使うくらいしかないような。
普段、普通に使用する程度であれば 2GB~4GBあれば、十分快適に使えると思う。

その他、関連するニュース記事
8GBメモリ×2枚セットがさらに値下がり、最安7,980円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111217/etc_mem.html

確かDDR2の時にも、価格の暴落があったみたい。
以下の記事を参照。

DDR2 2GBが千円に、16GB買っても8千円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081227/etc_mem.html