CCleanerが10憶ダウンロード達成

私が愛用しているお掃除ソフト「CCleaner」が
いつの間にか10億ダウンロードを達成していました。パチパチ

ソースは、英Piriform社の公式ブログ
1 Billion Downloads

記事を一部引用とその意訳

At the start of December, CCleaner was downloaded for the 1 billionth time! That’s an amazing 1,000,000,000 installations of CCleaner. A milestone that only a few other software titles have hit. (Firefox to name one)

12月の初め、CCleanerは10億回ダウンロードされました!
これは、CCleanerのインストールが 1,000,000,000 に達したことを意味します。
他のソフトウェアでは、わずかに数える程しかありません。(例を1つ挙げれば、Firefoxが該当します)

インストール不要でUSBによる持ち運びが可能なポータブル版などもあり
最近では、CCleanerのMac版である「CCleaner for Mac」もリリースされています。

あ、因みにWindows版のCCleanerは、無料で使える CCleaner Free と
サポートや一部機能が加えられた有料版の CCleaner Professional
企業向けの CCleaner Business Edition があり
私は無料版を使っています。

CCleaner for Macに関しては今のところ無料版のみ。

記事読んで気付いたんだけど
初版(Version 1.0)が公開されたのは今から8年も前なんですねー。
便利なソフトなんで、これからも開発続けてもらいたいです。

ffmpeg_rev.47984の自分用コンパイルと更新ライブラリのメモ

前にコンパイルしたffmpegは、ソースが少し前に取得したものだったので
その間に、ライブラリが色々と更新されてました。
という訳で、ffmpegのライブラリを全て更新してコンパイル。

あくまで自分用なので、自分のCPUに最適化しています。

あと、「お気に入りの動画を携帯で見よう」さんのサイトによれば
x264_rev.2230には、バグがあるとのこと。

x264 rev.2230のこだまでしょうか?いいえバグです。 お気に入りの動画を携帯で見よう
ってもうコンパイルしてしまった…。
でも、エンコは正常みたいで特に分かった様子はなさそう。
またコンパイルするの面倒なので、次のリビジョンまで待ちます。
続きを読む

音楽ファイルをfdk-aacに変換

前回の記事で、fdk-aacを組み込んだffmpegをコンパイルしました。
そういう訳で今回は、そのffmpegでfdk-aacを使ってみます。

ここでは ffmpeg.exe 単体で変換しますが
携帯動画変換君などのフロントエンドを使ったり
一連の処理をバッチファイルにまとめて、ドラッグ&ドロップで変換したりしてもいいと思います。
(というか頻繁に使う場合は、そちらの方が楽)

fdk-aacに変換

まずffmpegがある場所でコマンドプロンプトを開く。
( [Shift] を押しながら右クリックすれば、右クリックメニューに「コマンドウィンドウをここで開く」あるのでそれで開く)

変換する音楽ファイルは、CDから音源で「ラデツキー行進曲」

恐らく、名前を知ってる人も多いと思いますが、知らない人でも曲を聴けば一度は
聴いた覚えがあるはず。こんな曲です↓

そんな訳でコマンドライン。256kbpsで変換。
今回は単なるテスト目的なのでデフォルトの AAC-LC を使います。
ffmpeg -y -i "ラデツキー行進曲_作品228.wav" -vn -acodec libfdk_aac -ac 2 -vol 256 -ab 256k "OutputFile21.m4a"

snapshot_fdk_001
日本語のファイル名なので思いっきり文字化けしてますが
ちゃんと変換されます。

出力されていたら、無事完了。

確認のためPSPに入れたところ、きちんと再生されました。
これで、iPodやPSP他ミュージックプレイヤーなどに入れて持ち運べますね。

あとプロファイル指定を行いたい場合は、以下のようにコマンド追加。
例えば、HE-AACなら
-profile:a aac_he

-profileオプションを指定しない場合
自動的にデフォルト値である AAC-LC になります。

FDK-AACを組み込んだffmpegをコンパイルしてみた

二ヶ月ちょっと前にx264をWindows上でコンパイルしてみましたが
記事の最後にも書いてある通り、ffmpeg もコンパイルしてみました。

折角なので高音質?と噂のFDK-AACライブラリ(AACエンコーダ)も一緒にffmpegに組み込んでいます。

もともと、ネット上で配布されているffmpegは
faacやfdk-aacなどの一部のライブラリが含まれていません。

何故ならfaacやfdk-aacはオープンソースではあるものの、「Non-Free」なライブラリであり
これらを含む実行ファイルの再配布ができないからです。

一言で言えば、ライセンス上の関係ですね。

つまり、faacやfdk-aacを利用するには
自分でソースコードから faac や fdk-aac といったライブラリを含むffmpeg をコンパイルする必要があります。

そんな訳で、fdk-aacを利用してみたいと思い、自分用にコンパイルした次第。
環境はx264をコンパイルした時と同じ MinGW / MSYS。

まず、ここからfdk-aacをダウンロード

$ tar zxvf fdk-aac-0.1.1.tar.gz
$ cd fdk-aac-0.1.1
$ ./configure
$ make
$ make install

後は、ffmpegの./configure オプションに「–enable-nonfree –enable-libfdk-aac」を追加して make してffmpegをコンパイルすればOK。

ffmpegのコンパイルについては、長くなってしまうので今回は割愛。
まとまり次第、書き留めたいけど面倒なんだよなー。

台湾Nanya Technology(ELIXIR)が汎用DRAM事業から撤退

タイトルのまんまですね。
ELIXIRメモリで知られる台湾のNanya Technology が汎用DRAM事業から撤退したそうで。
http://www.emsodm.com/html/2012/08/30/1346297116980.html

そりゃそうだよな、4GBx2が3000円切ってて
企業にとっては身を磨り減らす様な感じなんだろうね。

何か分からんけど、価格競争での超激戦我慢大会になっちゃってるな…。

米Micronに買収されるとか噂が流れてるけど、そうなった場合
永久保証ってどうなるんだろう?

そんな感じで、チラシに ELIXIR メモリ 4GBx2 が載ってるのを見ると
また違った、感慨深い何かが湧き上がって来るような来ない様な…。

まぁ、一度も使った事ないんだけどね。

あ、因みに ELIXIRは「エリクサー」と読む。

何か分からんけど、PCパーツ関連のメーカーってやたら
どう呼んだらいいか分からない名前多いよね。

Rootkit 駆除ツールまとめ

Rootkit 駆除ツールにどんなのがあるか調べてみた。
自分用にまとめ。

Rootkit Buster — Trend Micro (英語)
http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=NABU&clk=result_page&clkval=drop_list&catid=6&prodid=155

TDSSKiller (TDSSファミリーのrootkit検出・除去) — Kaspersky”
http://support.kaspersky.co.jp/viruses/solutions?qid=208283445

Blacklight (rootkit用) — F-Secure (英語)
http://www.f-secure.com/en/web/labs_global/removal/blacklight

Sophos Anti-Rootkit — Sophos
http://www.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-anti-rootkit.aspx

RootkitRemover | McAfee Free Tools — McAfee (英語)
http://www.mcafee.com/us/downloads/free-tools/rootkitremover.aspx

Rootkit Remover の使い方
McAfee Software royalty-Free Licenseの一番下に
Download Nowがあるのでそこをクリックしてダウンロード。

ダウンロード後、好きな場所に解凍し実行(管理者権限での実行がベスト)
Initializing(初期化) → Scanning(検索) 見つかったら Cleaning(除去) という流れで処理が実行される

※使い方はこちらを参照しました
McAfee Labs RootkitRemover (英語)
http://www.mcafee.com/us/downloads/free-tools/how-to-use-rootkitremover.aspx

画像縮小ソフト「CubeImageResize」

4ヶ月位前に、手軽な画像縮小で「縮小専用AIR」を紹介したけど
あれは、Adobe AIRをインストールする必要があったんだよね。

他にも、シンプルなUIの画像縮小ソフトが無いか調べてみたら
「CubeImageResize」を見つけた。勿論、フリーソフトなので無料で利用可能。

こちらは Adobe AIRのインストールが不要だが、Windows版のみ。
見た目は「縮小専用AIR」と同じようにかなりシンプル。

CubeLab – CubeSoft
http://www.cube-soft.jp/cubelab/

詳しい使い方はこちらに載ってる
http://blog.cube-soft.jp/?p=444

どうやら CubeSoft, Inc という会社が開発・提供しているソフトで
他にも解凍ソフトの「CubeICE」やPDFビューアの「CubePDF Viewer」など
色々なソフトを無償で公開している模様。

個人的には、この中ではこの「CubeImageResize」と
解凍ソフトの「CubeICE」が気になる。

とりあえず、備忘録として。

CCleaner for Mac v1.04がリリースされた、変更点とか

ちょっとPiriformのサイトを見てたら
CCleaner for Mac v1.04が公開されました。

Piriform – CCleaner for Mac v1.04
http://www.piriform.com/blog/2012/7/3/ccleaner-for-mac-v104

不要な言語の削除追加やMac OS X 10.8 Mountain Lionの Gatekeeper対応のほかは
バグ修正と、既存機能の改善、微調整が主みたいです。

そんな感じで記事を読み進めていたところ
最後に太字で何やら Note が書かれていたので、ちょっと読んでみます。

Note: The version in the App Store may not get updated as Apple have made the sand-boxing requirements mandatory, which prevents CCleaner from running. To manually update please first remove the old version of CCleaner and install the latest version from our site.

以下なんとなくの日本語訳
注意: AppleがCCleanerの実行を妨げるサンドボックス要求を強制的にしたので、App Storeにあるバージョンは、更新されない可能性があります。
手動で更新するには、初めに古いバージョンを削除してから最新版をインストールして下さい。

とのこと。

CCleanerで起動時のUACを無効にする

CCleaner v3.19 の更新履歴を見ていたら こんなことが書かれてた

Our new v3.19 release of CCleaner adds one of the most requested features we’ve had… the removal of the UAC prompt on startup!

日本語訳(意訳)
新しい CCleaner v3.19リリースでは、最も要望の多かった機能の一つである「CCleaner起動時に出るUACの無効化」を追加しました。

引用元
http://www.piriform.com/blog/2012/5/24/ccleaner-v319

やり方は上記のPrifirom の更新履歴ページに書かれているけど
日本語版の場合「オプション」→「詳細設定」→「UACからの警告をスキップ」にチェックを入れる。

っていうかUACって世界中で疎まれてるのねw
(私個人としては、UACに対してそんなにイライラしないけど)

まぁ、UACを完全に無効にしてしまうのは、セキュリティ的に危ないので
こういう個別で対応してくれるのは有難いですね。

Windows Vista SP2でSP1のバックアップを削除して容量を空ける

Windows Vista SP2は、インストールすると
何か不具合が出てもSP1に戻せるようになってる。

ただ、SP2で特に問題ない場合
そのSP1へのバックアップを削除して
300MB~400MB程度、容量を空ける事が出来る。

だいぶ前(確か2009年の10月頃)に Windows Vista SP2 をインストールして
そのまま忘れてた。

そういう訳で、今日は Windows Vista SP1のバックアップを削除して
容量を開けてみた。

まず [Win] + [R] でファイル名を指定して実行を開く
「compcln.exe」と入力しEnter

UACを有効にしてる場合
「続行するには、あなたの許可が必要です」と効果音と共に出てきますが
「続行」をクリック。

この操作を実行すると、コンピュータ上のすべての Service Pack およびその他のパッケージが恒久的になります。操作の終了後、クリーンアップされたパッケージをこのシステムから削除できなくなります。

続行しますか?(Y/N): 

と出てくるので「y」と入力して、さっさと処理開始。

2~3分程度で終わるだろ、と思っていたら以外に長引く。
もう6分くらい経ってるんだけど、やっぱり10分程度掛かるのかな?

なんて思ってたら突然、コマンドプロンプト終了。

え、これで終わり?
どうやら終了したらしい。

普通に1GB以上空きができてて笑った。

というか終了したんだったら、終了したで何かメッセージくらい出してくれ、一瞬戸惑ったw