一般人に勧めるならPCは自作かメーカー製か

こんな記事があった。

一般人にPCをおすすめするなら自作とメーカー製どちらが良い? | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア

う~ん、一概にどっちとも言えないんだよなぁ。
私は自作に興味あるけど、大半の人は、デスクトップよりノートの方を選ぶ傾向が高い気がする。

大多数は、ネット閲覧とかの用途で使うんだろうから、特別PCのパーツに拘ったりとか
あんまマニアックなものは必要としないんだろうと。

自作する人は、メーカー製じゃ満足できないというか
やっぱり、自分好みのパーツが発売されたら、それを自作機に組み込んで試してみたりとか
一言でいえば、パソコンが好きで、好奇心旺盛で、何でも自分で触って確かめたくて
自分好みに合わせた自分だけのPCを使いたい
っていう欲求が強いのかも。

後、自作機だと拡張が比較的し易いのも一因になっていると思う。
メーカー製だと、一部壊れたら全て買い替えなきゃならないし
CPUとかを新しいものに替えたくても、替えられなかったり。

私も、自作機に挑戦してみたいんだけど、一応高価な買い物なんで
万が一、失敗して動かなかったら…?というところで足踏みしてるみたいな感じです。

こういったところも、一般の人にとってはハードルになっていそうな気もします。

あぁ、でも自作機はやってみたい…。
なんだろう、このモヤモヤとした気持ちはw

「案ずるより産むが易し」の言葉通り
迷ってないで、思い切ってやってみる事が今の私に必要なのかも。

広告

携帯動画変換君PSP用設定(新しいffmpeg用)

前回に引き続き、携帯動画変換君&FFmpegネタ。

前回の記事のPSP設定を MP4Box.exe 無しでも動作するように改良。

新しい ffmpeg と neroAacEnc.exe を 変換君の cores フォルダに入れて
以下の設定を Transcoding.ini の末尾に追加すれば、すぐ変換できるようになるはず。

※ Item番号は、各自 Item1, Item2 と順番通りになるように修正して下さい。

[Item41]
Title=PSP Setting [Main Profile Level 2.1] new
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 1 -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -flags2 +fastpskip -vcodec libx264 -coder 1 -bufsize 4096k -partitions +parti4x4+partp8x8 -subq 7 -g 300 -aspect 16:9 -s 480x272 -r 30000/1001 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 6 -i_qfactor 1.40 -qcomp 0.7 -crf 20 -an -f mp4 -level 21 "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 -vol 256 -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -q 0.4 -lc -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>.m4a""
Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%TemporaryFile%>.mp4" -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>.m4a" -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
Command4=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160x120 -an "<%OutputFile%>.jpg""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

もっと高画質にしたい!

画質を変化させたい人は command0 にある -crf 20 を書き換える。

値を小さくすればするほど、画質が向上 (ただし、ファイルサイズも増える)
逆に大きくすれば、画質が低下 (ただし、ファイルサイズも減る)

因みにあんまり値を小さくし過ぎても、無駄にファイルサイズを喰うだけなので
15 程度に抑えておくのが個人的にオススメ。個人的には 20 でも充分綺麗だと思う。

もっと高音質にしたい!

音質を変化させたい人は、Command2 にある -q 0.4 の値を変化

0.55 とか 0.6 とか値を上げれば、音質向上 (ただし、ファイルサイズも増える)
逆に 0.3 とか下げれば、音質低下 (ただし、ファイルサイズも減る)

Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -br 128000 -2pass -lc -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>.m4a""

音声部分は neroAacEnc.exe を使って変換しているので
もっと詳しいオプションは、neroAacEnc関連記事を参照。

動画の縦横のサイズ変更がしたい!

例えば、縦320、横240 にする場合
-s 480×272 を -s 320×240 とすればサイズ変更できる。

因みに、アスペクト比を変更するには -aspect を書き換える。
16:9にする場合
-aspect 16:9

4:3 にする場合
-aspect 4:3

もっと変換速度を高速にしたい!

マルチスレッドに対応しているCPUであれば -threads 1 を -threads auto に書き換える。
こうする事で、CPUの処理能力を全て動画変換処理に集中するので、処理速度が向上する。
(当たり前だけど、変換中はCPUが常に100%になる)

CPUがシングルコア、シングルスレッドでも指定しちゃだめではないが、あまり効果がない。

動画のフレームレート (FPS) を変更したい!

動画のフレームレートを変更する場合 -r オプションを書き換える。
ここでは、分数指定で紹介。

30 fps 指定
-r 30

29.970… fps 指定
-r 30000/1001

23.976… fps 指定
-r 24000/1001

もっとオプションを弄って細かく設定したい!

ffmpeg には、ここでは紹介しきれない程のオプションが存在します。
Google などで色々とオプションを調べてみるいいかも。

以上、少し疲れた…(^∇^;)
長い記事を書くの慣れていないと大変だなぁ…。

PSP用の 2pass 設定は、また後日。

その他の関連記事

ffmpeg動画エンコードで、少しつまずく

最新のffmpegでは-timestamp が廃止予定になっており
-timestamp オプションを入れるとエラーがでます。なので
-timestamp "<%TimeStamp%>"
-metadata creation_time="<%TimeStamp%>" に書き換えて下さい。

ちょっと、動画エンコードの話。

当方は、動画エンコードに携帯動画変換君を使用している。
勿論、新しい ffmpeg に入れ替えて、Transcoding.ini を弄りまくっている。
なので、品質や圧縮率は良いけれど、処理負荷は重く変換時間も長い。

ただ最近になって、逆に処理が軽くて、変換時間も短い設定に興味を持つようになった。

そういう訳で、久々に当方が何年か前に書いたシンプルな設定を元に
軽い設定を作ろうとした訳なのだが…。

あれ?エラーを吐く

Error while opening encoder for output stream #0.0 - maybe incorrect parameters such as bit_rate, rate, width or height
A>Dialog : 処理実行中にエラーが発生しました [Error:1]
T>Finished.

エラー番号を見た瞬間、ある程度原因は推測できる
この Error 1 が出るときは、パラメータの指定が間違っている場合が殆ど。

初めて、色々と設定を弄った時、何度もこのエラーを見たものだ。
それに、英文メッセージにもその事がそのまんま書かれているしね。

ところが、設定をいくら見返しても、構文の間違いを見つけることができない…。

最近、より新しいffmpegを差し替えたので
もしかして、オプションの一部の指定方法が変わった?とか思って
オプションを削除しては試し、を繰り返すも、Error 1 を返される。

あれっ?おかしい。おかしいぞ、これ…。
そもそも、こんなシンプルな構成の設定でエラーなんぞ吐く訳がない…

試しに、いつも使っているオプション弄りまくり設定でエンコード。
するとすんなり、動画変換が始まる。

何故?もしかして足りないオプションがあるのかな?
と思いつつ、いくつかのオプションを追加して繰り返していると

お、おぉ、動いた動いた。
以下のオプションを追加したら、解決。

-qmin 10 -qmax 51 -qdiff 8 -i_qfactor 1.40 -qcomp 0.7

そこで、はっと気が付く。
これ、もしかして、特定のオプションで 5つ以上 ffmpeg のデフォルト値だと
エラー返されるってやつじゃなかったっけ?と思い出す。

x264のエンコードでエラー(Error while opening encoder for output stream #0.0) お気に入りの動画を携帯で見よう

ええ、そうでした。その通り、ちゃんと一度目を通した記事でしたが
すっかりこの事を忘れてましたよ…とほほ。

そういうわけで、修正後の設定。色付けしてある部分が追加した部分です。
あ、因みに、この設定はPSP用の設定。
neroAacEnc.exe や MP4Box.exe を事前に変換君のcoresフォルダに入れておく必要があります。
[Item41]
Title=PSP Setting [Main Profile Level 2.1]
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 1 -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -flags2 +fastpskip -vcodec libx264 -coder 1 -bufsize 2048k -partitions +parti4x4+partp8x8 -subq 7 -g 300 -aspect 16:9 -s 480x272 -r 30000/1001 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 8 -i_qfactor 1.40 -qcomp 0.7 -crf 20 -an -f mp4 -level 21 "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 -vol 256 -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -q 0.4 -lc -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>.m4a""
Command3=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>.mp4" -add "<%TemporaryFile%>.m4a" -new "<%OutputFile%>.mp4""
Command4=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160x120 -an "<%OutputFile%>.jpg""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

その他の関連記事

CCleaner for Mac Beta 4 リリースがされた

CCleaner for Mac Beta 4 が Piriform Ltd よりリリース。

主な変更点はバグ修正とOpera、Caminoに対応したこと。
後は、Mac OS X 10.7 (Lion) のサポート改善。

ベータ版なので、上級ユーザーのみ使用推奨。
詳しくは以下を参照。

Piriform Blog – CCleaner for Mac Beta 4
http://www.piriform.com/blog/2011/9/15/ccleaner-for-mac-beta-4

というかトップページに「Over 700 million downloads!」(7億ダウンロード突破!)ってすげー。
これ結構前から表示されてたから、今頃は10億ダウンロード突破してるかも…。

そういえば、サツマイモ放置しておいたら滅茶苦茶成長してた。
しかし、これからどうしよう…。土に植え替えようかね?(笑)

サツマイモから芽が…と Windows 8 発表とか

今日の雑記

常温保存していたサツマイモから、小さな芽が出てたので
芽が出ている先端部分のサツマイモはそのまま残して、コップの水に浸しておいた。

そうしたら、芽がどんどん伸びて、葉っぱや根っこまで出した。

もしかして、これ土に埋めればサツマイモがまた…なんて期待はしてないけれど
カップの中の芽を出したサツマイモが何か、インテリアとして良さげ。

サツマイモかわいい!

こうやってブログ書いてるんだから、そのサツマイモの写真くらいアップしたいんだけど
生憎、当方はデジタルカメラを所持していない…。

デジカメ買っても使わないかなーって思って今まで買ってこなかったからなぁ…。
というか、プリンタとかも買ってない。

コンピュータの本領は、こういう他の外部機器との接続による連携によって発揮されるのも大きいのに
(インターネットとか、大規模ネットワークもそうだしね、サーバとサーバの連携)

単なるネット閲覧のためのみに使ってる時点で
パソコンの機能性を活かし切れてない…もっと活かさないと。
高い金出して買ってるんだから

それと、米Microsoft が Windows 8 発表したそうです。
Google などで「Microsoft Windows 8」と検索すれば
ニュース記事が大量に出てくるので、気になる人は検索してみるといいかも。

もう既に、Windowsの次期バージョン(コードネーム:Windows 8)のプレビュー版
「Windows Developer Preview」が以下からダウンロード可能な模様

Windows Dev Center
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

Windows 8に関する記事のリンク

米マイクロソフト、「ウィンドウズ8」を発表 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2827412/7768794

Microsoft、開発者会議で「Windows 8」を発表 | ニコニコニュース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw114117

窓の杜 – 【NEWS】Microsoft、次期Windowsのプレビュー版「Windows Developer Preview」を無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110914_477356.html

今日は中秋の名月

部屋を閉め切りっぱなしだとなんか危ないね。

室内での熱中症的なものが流行ってるらしいけれど
当方、ふつうに部屋を閉め切りっぱなしのままエアコンも付けず寝てた。

んで、あまりの暑さに全身汗だくで起きるっていう。
しかも、起き上ったら起き上ったでよろつくし、異常なほど喉が渇く。

いや、これ完全にまずいよね…。
窓を開けっぱなしにしておきたいんだけれど、開けたら開けたで、蚊が入ってくるし…。

当方の部屋は、東向きなので、午前中から室温がかなり上昇。
窓も東向きに付いていて、直射日光を遮るものもない。
カーテンで遮っても蒸し風呂状態。

これからは、自分の部屋じゃなくて、居間で寝ようかな…
もう、汗だく&喉の渇きで目覚めるのは勘弁。

そういえば、今日は中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)。
熱帯夜の中秋の名月は8年ぶりだとか。

もう早く秋になって涼しくなって欲しい…。

CPUとかApacheとかの雑記

ASCII.jp:3000円で買えるSandyBridgeなど計9モデルの新CPUが発売
http://ascii.jp/elem/000/000/631/631668/

爆安3500円!! Sandy Bridge世代のCeleron G440を速攻ベンチ!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/055/55372/

今月の4日に Intel の LGA1155 対応新型CPUが9種類発売。
当方は、最高性能よりもコストパフォーマンス重視なので
デスクトップを組むのであれば、こういう手頃なCPUで組みたい。

あ、そういう、これ書いてて思い出したんだけど
Apache に脆弱性が見つかって2.2系では修正版の Apache 2.2.20 が出てる。
対象は、1.3と2.0系の全てと 2.2系の2.2.20を除く全てのバージョン。
でも、修正版が出たのは 2.2 系だけで、1.3系や2.0系は出てない。

もう既に、この脆弱性を突いて処理不能にする Apache Killer というスクリプトが出回っているみたいなので
Apache 使ってる人は早めに対処した方がいいかも。

Apache脆弱性とその対策に関する記事

Apache.orgが現在公開している対策(英文)

これに関する対処法が詳しく日本語で書かれているサイトを発見
20110829 Apache HTTPD サーバにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性 | TrippyBoyの愉快な日々

DoSの脆弱性を修正した「Apache 2.2.20」、公開 - @IT

Apache HTTP Server 2.2.20 が リリースされました — Apache JP

Windows updateしたらネットに繋がらなくなった

夕飯食べた後、Windows Update してPCをシャットダウン。
それで、ブログ更新しようと思ってブラウザ立ちあげたら…
んんん?ページ読み込みエラー?

<!>サーバが見つかりませんでした
google.co.jp という名前のサーバが見つかりませんでした。

っていう画面が表示された。

まぁ、LANをルータから引っこ抜いたままだったりしてネットに繋がっていないときや
サーバが落ちているとき、サーバが存在しない時などに表示される画面なので、いつもは気にしないのだが、今回は違った。

全てのタブが読み込みエラーで
「サーバが見つかりませんでした」になってる…


こういう、どこのサイトにアクセスしても繋がらないような場合は、LANを引っこ抜いたままだったりで
ネットそのものに繋がっていないパターンが多いのだが、LANはちゃんとルータに繋がってるのに繋がらない…おかしい。

というか、Windows update やる前まで普通に繋がっていたので、原因は Windows update 経由の更新プログラムかな?と疑ってみる。

[コントロールパネル] → [プログラムと機能] → [インストールされた更新プログラム] から
インストールした更新プログラムをアンインストール

当方の場合、一度に複数更新プログラムを入れたんだけれど
一番怪しかった更新プログラム(KB2607712) を検索窓から探し出してアンインストール。

[F5] を押して、ブラウザのページを更新してみると…
おっ、繋がった!

とりあえず、これで一件落着。

無事、こうしてブログ更新できてます。
この問題ある更新プログラムに関しては、しばらく様子見。

にしても、Windows Update をホイホイ入れてしまうと、こういう不具合や問題が発生する場合もあるので
これからは、ちゃんと更新プログラムの番号を確認したりしてから、更新した方がいいと思った。

世界陸上と気になった記事

本日の雑記

いやー、昨日の世界陸上凄かった。
あ、勿論、他の種目も面白かったんだけれど、やっぱりリレーは盛り上がるし熱くなるよね!

最後の男子100Mx4リレーは、ジャマイカがぶっちぎりの世界新記録で優勝。
凄いも何も、アンカーのウサイン・ボルトにバトンが渡ってからもう独走状態で
完全に某AAにそっくりw

ボルト率いるジャマイカ、400mリレーで世界新!!アメリカこける : ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー

それにしても、アメリカとイギリスがぶつかって、アメリカは転倒して
イギリスもバトンが渡らずで、ジャマイカは世界新の優勝…
結構、波乱な決勝だったというのが、個人的な感想。

にしても、アメリカは前にも同じようなことやらかしていた記憶があるんだが…
2009年のベルリン?大会で確か、バトンの受け渡しに違反があって失格になってるはず。

気になった記事

NHKとテレビ東京のTwitterでのやりとりがカオスwww on Twitpic
http://twitpic.com/6ft4k0

何か、とても和んだw

Internet Explorer 9 の話と前回の雑記の続き

数か月くらい前から、Windows Update に Internet Explorer 9 が更新プログラムとして配布され始めて
最近では、重要な更新プログラムに分類されいて、「更新しろ!」と言わんばかりに
タスクバーに Windows Update のアイコンが点灯する。

この際、入れてみようかどうか迷っている。

何より変なのが、Windows Update 経由の前バージョンの Internet Explorer 8 が
なぜか、オプションの更新プログラムとして分類されている点。

当方はいつも Firefox を常用、Google Chrome や Opera をサブブラウザとして使っていて
Internet Explorer は、全く使用していない。

理由は簡単で、数年前のある時を境に、なぜかクラッシュが頻発して起こり、尚且つやたら重くなったからで
それ以来、当方は Firefox にメインブラウザを移し現在に至る。

稀に Internet Explorer を使用するとすれば
趣味で作っているWebサイトデザインが崩れていないかを確認する時くらい…かな?
とはいっても、Internet Explorer 6, 7, 8, 9 の表示確認できる IETester を使用することが殆どかも。

そんなこんなで、今まで使用してこなかったのだが
Internet Explorer 9 が改善されていて使い易いのであれば
インストールして試してみたい気持ちもある。

本日の雑記

前回の記事で、原因不明のコメント停止中になると書いたけど
メール投稿じゃなくて、ダッシュボード(管理画面)から直接記事を投稿したら
ちゃんとコメント欄が表示された…

原因はやっぱり、メール投稿だったか…
でも何がいけなかったんだろう?

Post by Email — Support — WordPress.com(英文)

上記にメール投稿機能のショートコード一覧が載ってるけど

コメントONにするときは
[comments on]

コメントOFFにするときは
[comments off]

でいいはず…何だけどなー。

とりあえず、しばらくメール投稿は様子見で
直接ダッシュボードから投稿することにします。