ffmpegの一部オプションの書式が変わった

久しぶりのffmpegネタ。

「お気に入りの動画を携帯で見よう」さんのサイトによれば
ffmpegの一部オプションが変わっているみたいです。

FFmpeg rev.37798 ダウンロード お気に入りの動画を携帯で見よう
http://blog.k-tai-douga.com/article/53875334.html

ただし「従来のオプションも使えるようになっている」とのことなので
特に心配するしたり、急いでオプションを書き換えたりする必要はないと思います。

以下は「mixed_refs」「mbtree」「fast pskip」「8x8DCT」をONにする従来の設定
-flags2 +mixed_refs+mbtree+fastpskip+dct8x8

変わった後の設定
-mixed_refs 1 -mbtree 1 -fast-pskip 1 -8x8dct 1

OFFにするには、数字を「1」から「0」に変更するか、今まで通りオプションそのものを削除すればOK。

以下は「partitions」の従来の設定
-partitions +parti4x4+partp8x8+partp4x41

変わった後の設定
-partitions pi4x4,pp8x8,pp4x4

他にも今までは「-flags2 +wpred」だったのが「-weightb 1」指定可能になっていたり
-deblockalpha 0 -deblockbeta 0」でloopフィルタの強度を指定していたのが
-deblock 0:0」のような書式でも可能になったりと
よりx264のオプション指定に近い形に変更が加えられているみたい。

関連記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中