YouTube動画をWordPress.comに埋め込んでみた

最近では、YouTubeとかニコニコ動画なんかの映像を
ブログに埋め込むのは当たり前の様になっていますね。

とりあえず、YouTubeの動画を WordPress.com に埋め込んでみました。

YouTube動画の埋め込み方法

まず、埋め込みたい YouTube の動画にアクセスします。

動画のすぐ下にある「共有」から「埋め込みコード」をクリック
埋め込みコードをコピーして自分のブログ貼り付けるだけ。


こんな風に、ちゃんと表示されれば無事完了。

因みに前回の記事で WordPress.com では
インラインフレーム(iframeタグ)が安全性に関わる為、使用不可と書きましたが
YouTube のインラインフレームの埋め込みリンクは WordPress.com 側で
埋め込み可能なコードへ自動的に変換されるみたいです。

参考

YouTube動画の埋込みについて « WordPress.com 日本語フォーラム

wordpress.com にYouTubeの映像を埋め込んでみる « MUZU nikki

広告

WordPress.comではインラインフレーム(iframe)が使用不可

WordPress.com ではインラインフレーム(iframe)が使えないらしい。

通りで前回の記事で skydrive のインラインフレームの埋め込みリンク使おうとして
コードを埋め込んで見栄えを確認したら

「あれ…?ただのリンクになっちゃったぞ…どういうことだ」
って事でググってみたら、あったあったありました。

wordpress.comでは、iframeタグが使えない « 紅玉のぼあきんぼあきん

wordpress.comのフォーラムで調べると、iframeタグは根本的に使えないことがわかった。曰く、iframes are all stripped here at WordPress.com due to security concerns.

英文を大雑把に訳すと
iframes は、安全性に関わる為 WordPress.com では、ぜーんぶ取り除かれちゃうよ。

( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
それじゃあ、使えないってことか…残念。
fc2 とかのブログでは、インラインフレーム使えたような…。
けど WordPress.com は駄目なのかぁー。

まぁ確かに、インラインフレームは以下の様に、XSSなどの攻撃に悪用される危険性があるから
こういった対策は当然と言っちゃ当然かも。

クロスサイトスクリプティング – Wikipedia

クロスサイトリクエストフォージェリ – Wikipedia

neroAacEncバッチファイル

とりあえず、NeroAACエンコーダの面倒な使い方なんかどうでもいいから
手っ取り早く、簡単に AAC にエンコードする方法。

必要となるもの

  1. NeroAacEnc
  2. エンコードバッチファイル(以下で説明)

NeroAACエンコーダのダウンロード

まず、NeroAACエンコーダをダウンロード。
Google で検索してダウンロードするか、Nero AAC エンコーダの使い方を参照。
ダウンロード後、解凍。

エンコードバッチファイルをダウンロード

このエンコードバッチファイルは、当方が自分用に作ったものです。
このバッチファイルの改編、再配布等はご自由にどうぞ。

ただ、これはあくまで自分用に作ったものを公開しているだけなので
このバッチファイルを使用した事によって、何らかの損害、不具合及び不利益が発生したとしても
当方は責任を負いかねますのでご了承下さい。

バッチファイルのダウンロードはこちら

同様に、ダウンロード後、解凍。

準備

ダウンロードしたバッチファイルを NeroAacEnc があるフォルダに入れます。

準備はこれで完了

後は、エンコードしたい 16bit WAVファイルを
バッチファイルにドラック&ドロップするとコマンドプロンプトが開くので
好みのエンコード設定にしてエンコードするだけ。

使い方

エンコード設定は、設定したい項目の半角数字を入力して [Enter] を押すだけなので簡単。

エンコードが開始される。
終了するまで待つ。

終了し、画面が消えたら無事完了。

エンコード出来ない場合

エンコードが出来ない場合、まずファイル名に半角スペースが入っていないかよく確認して下さい。
半角スペースを含むファイル名だとエンコード出来ません。

以上お疲れ様でしたー(・ω・)ノ

その他の関連記事

NeroAACエンコーダのオプション一覧

NeroAACエンコーダのオプション一覧をまとめ。
英語が読める or 慣れている人は、NeroAAC同梱のreadme.txt とか
公式チュートリアルの NeroAAC_tut.pdf を読んだ方が早いかも。

— ヘルプ/ファイルの入出力オプション —

-help
ヘルプを表示する。
ヘルプには、オプションの機能や使用方法が載っている(英語)
NeroAACに同梱してある readme.txt にも同じ内容が書かれている

-if
入力ファイル、もしくは入力ファイルパスを指定する

-of
出力ファイル、もしくは出力ファイルパスを指定する

品質・ビットレート制御オプション

-q <quality>
target quality モードを選択可能にする。
所謂 VBR ( Variable Bitrate / 可変ビットレート ) エンコード。
指定範囲は 0〜1 でデフォルトは 0.5。

Target Quality(VBR)モードの目安

[Quality] <–> [Bitrate]


0.05 <–> 15 kbps
0.15 <–> 32 kbps
0.25 <–> 63 kbps
0.35 <–> 99 kbps
0.45 <–> 146 kbps
0.55 <–> 197 kbps
0.65 <–> 248 kbps
0.75 <–> 299 kbps
0.85 <–> 350 kbps
0.95 <–> 401 kbps



-br <bitrate>
ビットレート指定。
bps(ビット毎秒) 単位 で値を指定する。kbps(キロビット毎秒) ではないので注意。
例えば 192kbps にする場合、192kbps = 192000bps なので -br 192000 と指定する。

-cbr <bitrate>
target bitrate (streaming) モードでビットレートを指定する
所謂 CBR (Constant Bitrate / 固定ビットレート) エンコード。
-br 同じく 192kbps にする場合は -cbr 192000
128kbps にする場合は -cbr 128000 等のように bps(ビット毎秒) 単位で値を指定する。

上記の quality/bitrate オプションをどちらも指定しない場合
デフォルト値である -q 0.5 でエンコードされる。

マルチパスエンコードオプション

-2pass
2pass でエンコードを有効にする。
ビットレートよりこっちが優先されるので容量が若干多くなる事がある。
-q を指定している場合(VBRエンコードモード)の場合このオプションは使えない。

-2passperiod
ビットレートを優先する2passエンコード。
デフォルト場合、値は 0 になっている。

高度な機能 / トラブルシューティング

-lc
AAC-LC ( AAC Low Complexity ) でエンコードする。
128kbps以上の中・高ビットレートで用いられる
CD楽曲などの一般的な楽曲を変換する場合はこれを選択する。

-he
HE-AAC (High-Efficiency AAC) でエンコードする。
48~80kbps 辺りの圧縮に最適。
低ビットレートでもMP3等の音楽形式と比べて高音質
高圧縮が必要な場合に用いる

-hev2
HE-AAC v2 (High-Efficiency AAC Version 2) にする。
18~32kbps 辺りの超低ビットレート向き。
AMラジオなど元から音質が良くないものを超高圧縮にしたいときに用いる。

-ignorelength
読み込んだファイルのWAVヘッダーシグナルを無視する
標準入力を使用するフロントエンドに便利

その他の関連記事

地デジ移行まであとわずか!

アナログ放送終了で混乱必死!!地デジ難民10万世帯 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

今日は、上記の記事を見ての感想

遂に、アナログ放送の終了が近づいてきましたね。
アナログの画面左下には「きょう正午 アナログ放送終了」の文字が出現しました。
(東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島の三県は来年3月末まで延期)

続きを読む

CCleaner for Mac パブリックベータ版公開されてた

前にこんな記事を書いたけど
更新サボってる間にCCleaner for Mac のパブリックベータ版が公開されてた。

Pirif orm Blog – CCleaner for Mac Released(英文)

日付見ると2011年6月2日。
もう1ヵ月遅れ。
今更ながら遅い気がするけど、とりあえず載せときます。

続きを読む