Windows Vista SP2でSP1のバックアップを削除して容量を空ける

Windows Vista SP2は、インストールすると
何か不具合が出てもSP1に戻せるようになってる。

ただ、SP2で特に問題ない場合
そのSP1へのバックアップを削除して
300MB~400MB程度、容量を空ける事が出来る。

だいぶ前(確か2009年の10月頃)に Windows Vista SP2 をインストールして
そのまま忘れてた。

そういう訳で、今日は Windows Vista SP1のバックアップを削除して
容量を開けてみた。

まず [Win] + [R] でファイル名を指定して実行を開く
「compcln.exe」と入力しEnter

UACを有効にしてる場合
「続行するには、あなたの許可が必要です」と効果音と共に出てきますが
「続行」をクリック。

この操作を実行すると、コンピュータ上のすべての Service Pack およびその他のパッケージが恒久的になります。操作の終了後、クリーンアップされたパッケージをこのシステムから削除できなくなります。

続行しますか?(Y/N): 

と出てくるので「y」と入力して、さっさと処理開始。

2~3分程度で終わるだろ、と思っていたら以外に長引く。
もう6分くらい経ってるんだけど、やっぱり10分程度掛かるのかな?

なんて思ってたら突然、コマンドプロンプト終了。

え、これで終わり?
どうやら終了したらしい。

普通に1GB以上空きができてて笑った。

というか終了したんだったら、終了したで何かメッセージくらい出してくれ、一瞬戸惑ったw

広告

Windows Vista SP2でSP1のバックアップを削除して容量を空ける」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中