aotuv の使い方

aoTuV beta6.03 が04月25日に公開されていたので
今回は、aotuvについて備忘録。

はじめに

aoTuV (AOyumi TUned Vorbis) とは
蒼弓さんがチューニング・開発を行っている Vorbis エンコーダ。

ソースコード及びバイナリは
修正BSDライセンス(3条項BSDライセンス)で配布されている。

ダウンロード — Donwload —

aoTuVは以下からダウンロードできます。

Windows用
aoTuV公式サイト
RareWares

以下のサイトでは、過去にリリースされた aoTuV が全てアーカイブされている。
codecs.ex-sounds .net

Mac OS X用
Mac OS/X binaries – Recommended Ogg Vorbis ? Hydrogenaudio Knowledgebase
Linux用
Linux用は、以下からバイナリをダウンロードするか
自分でソースからコンパイル。
Linux binaries – Recommended Ogg Vorbis – Hydrogenaudio Knowledgebase

使い方 — How to use —

venc [オプション] [入力ファイル名].wav [出力ファイル名].ogg

最小限のコマンドラインオプションだと
venc InputFileName.wav

※何もオプションを指定しなければ
デフォルト値である VBR -q2 (96kbps相当) が自動的に指定される。

また、出力ファイルを指定しなければ、入力ファイルと同じディレクトリに
入力ファイルと同じ名前で出力される。

VBR -q4 指定 (128kbps相当)
venc -q4 InputFileName.wav

読み込めるファイルは 16bit PCM のWAVEファイルのみ。
ヘルプを表示するには、コマンドラインから単に venc と入力する。

オプション一覧などは、後日。

広告