WordPress.comでツイートを埋め込む方法

Twitterを始めたので、個々のツイートをWordPress.comのブログに埋め込む方法を自分用にメモ。ただ、衝動的に作ってしまったのはいいが、今現在Twitterの楽しみ方を見いだせていないという…。取り敢えず、適当につぶやいていけばいいのかね?


この記事のソースコードはこんな感じ

[tweet 714499917381656576]
[tweet 714500895715627008]

参考

詳しくはこちらを参照。
Twitter ツイート埋め込み — サポート — WordPress.com

起動不能な旧PCからデータ救出した備忘録

ここ数か月間、自分のPCが起動不能に陥って更新出来なかったということは
もうすでにこの前ブログに書いているけど

今回はデータを救出するお話というか備忘録用の手順メモ

用意するもの

* USBフラッシュメモリ(外付けHDDでもデータが保存可能であれば何でも)
* Ubuntuがデュアルブートされた 起動不能な WIndows
あるいはレスキューディスク。ぶっちゃけ端末が使えるやつだったら何でもいいと思う。

あ、先に問題点を書いておくと
この方法だとフォルダ名やファイル名の日本語が文字化けする。
(テキストファイルとかのファイルの中身は問題ない)

手順1: 端末でログイン

前にも書いたけど起動不能といっても、厳密には起動はできるけど
デスクトップ画面で固まったり、強制的に再起動がかかったりする。

取り敢えず、CLI(コマンドライン)や端末だと固まったりせず長期的に起動できるので
これでデータの救出を図る。
壊れたのがメモリ関連でみたいでよかった。HDDはどうやら無事らしい。

デュアルブートで Ubuntu を選択し、そのままログイン画面へ。
ログイン画面で「セッション」を選択し「フェイルセーフの端末」を選択

端末起動にしてログインする。

画面が小さく水来のであれば
[Ctrl] + [Alt] + [F1]を押して、以下のように仮想端末から作業を行ってもよい。
この場合、またログインする必要があるけど全画面で作業できる。


login: username
password: yourpassword

だけど日本語が文字化けする…が支障はないのでそのまま作業を進める。

手順2: マウント

救出したデータを保存するUSBメモリをマウントする作業から。
まず、USBメモリを差し込み以下を実行

sudo fdisk -l

これでどのデバイスがUSBメモリか確認する
自分の場合は /dev/sdb1 がそれだった。IO-DATAと書いてあるしね

マウントするディレクトリを作成しマウントする

mkdir /media/usb
sudo mount /dev/sdb1 /media/usb

※普通、/mnt以下にマウントするのがLinuxやUNIX伝統的らしいけど
ここでは/media以下にマウントした。(だって「media」の方がタイプしやすいんだもん…)

ここではCドライブを新たにマウントする。

mkdir /media/winC
sudo mount /dev/sda2 /media/winC

マウントしたCドライブに移動し、lsコマンドを実行

cd /media/winC
ls -lh

ずら~とCドライブ以下のファイルやフォルダが一覧表示されたら、マウント成功。
他にも df -Th とかでHDD容量とか見といてもいいかもしれない。

手順3: データをコピーして救出

後はcpコマンドで、先ほどのUSBメモリにデータをコピーして救出

sudo cp -a ./Users/YOURUSERNAME /media/usb

コピーするデータ量にもよるけど基本的に結構時間がかかるので、そのまま放置。
コヒーブレイクするなり、別の作業するなり、買い物行くなり時間を潰す。

データがちゃんとコピーされているか確認

cd /media/usb
ls -l

手順4: アンマウントしてシャットダウン

確認できたらUSBをアンマウント

sudo umount /dev/sdb1

(これは任意の作業だけど)マウントしたディレクトリの削除
(自分は面倒なので削除せず、また次に再利用してる)

rm -r /media/usb

取り外せば、救出成功。後はシャットダウン

sudo shutdown -h now

以上。日頃から、バックアップするようにしたバッチファイルを定期的に
タスクスケジューラで走らせておけばこんな面倒なことやらずに済んだのにね。

定期的なバックアップは重要ですな…。

2013 in preview (WordPress.comの年間まとめレポート)

WordPress.com 統計チームは、2013年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

ルーブル美術館には毎年850万人が訪れます。2013にこのブログは約130,000回表示されました。ルーブル美術館と同じだけの来場者が訪れるには約6日かかることになります。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。

Googleの便利な使い方―検索演算子

Web検索する際、Googleでは、様々な方法で検索ができるので
普段私がよく使うものを取り上げてみた。

引用符

引用符、別名ダブルクオーテーションとは、”←これの事
引用符で囲う事で、完全に一致する語句のみを探し出す。

フレーズや歌詞の一部で検索したい場合に便利。
あと、サイト名や名前を忘れちゃったけど、内容の一部は覚えてるって時にすぐに探し出せる。

例「”美味しいパン屋さん”」

アスタリスク指定

アスタリスクとは * ←この記号の名前で、プログラミングなどの世界ではワイルドカード(不特定の文字、文字列、文字数指定)として使われる。
これはGoogle検索でも同じ様にワイルドカードとして使えて
例えば「無~無~」のようなフレーズや単語を調べたい時
「”無*無*”」と指定すればOK

検索結果は以下の通り
「無始無終」「無影無踪」などの四字熟語から

「無農薬・無肥料」
「無安打・無得点(ノーヒットノーラン)」
などのように文字の種類、文字の数に関係なく「無~無~」となっている単語を探せる。

site:

特定のサイトのみを表示したり、特定のサイトから検索したい場合に使用する。

例:「site:wordpress.com」
wordpress.com というドメインのサイトのみ対象とする

例:「site:silverymemo.wordpress.com」
silverymemo.wordpress.comというドメインのサイトのみ対象とする

例:「site:silverymemo.wordpress.com “*の使い方”」
silverymemo.wordpress.comというドメインのサイトで「~の使い方」と書かれた
キーワードを探し出す。


以上、これらを組み合わせることで、より素早く、より的確に目的の
単語にヒットさせたり、情報を見つけ出したりできるので、かなり使う頻度が多い。

他にも、特定の単語の前に「-」を指定する事でそのキーワードを除外できたり等
色々とあるみたい。

詳しくはこちら
検索演算子 – ウェブ検索 ヘルプ

検索エンジンには、Googleの他にもYahooやMicrosoftが運営するBingなどがありますが
やっぱり私は Google 派なんですよね。

Yahooはちょっとトップページがゴチャゴチャし過ぎ。
検索で情報を自ら見つけ出すのが好きな私にとって、シンプルで素早いGoogleは
最も合ってる気がする。

一ヶ月ぶりのブログ更新

ブログを書くのは、一ヶ月ぶりですね。
体調はまだ本調子に戻っていないので、しばらくは更新頻度が低くいままだと思います

という訳で、かなり前にメモしておいて、そのままだったものを一挙大放出。
気になった記事とか、個人的に面白いと思った記事のリンク集ですが

すごい物を見てもへこたれない人

「より速く適切に学べる人」:その理由 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

「努力できる人」は脳が違う « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

「我慢できる人」は脳が違う? « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

「意志の力」が減っていく理由


差別の根源は「否定的な連想を持ちやすい感受性」:研究結果 « WIRED.jp Archives

なぜ不機嫌になるのか:自制心と怒りの研究

外国語で考えるほうが合理的:研究結果 « WIRED.jp

「震災後、津波への警戒感が低下」その理由 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム


個人的に気に入ってるもの

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』

読み易いブログを書く為に私が気を付けてる事(後編)

前編からの続き

難しい単語は「漢字」ではなく「ひらがな」を使ってみる

私の場合あまりこれはやりませんが(勿論、かなり難しい漢字では平仮名に直す場合もあり)
多くの人に見てもらう事を意識する場合は「漢字」ではなく「ひらがな」を使うと良いかもしれません。
一般的に難しい漢字を含む文章は読みにくいです。。

せっかくテンポ良く読んでいたのに、読めない漢字にぶつかり
また読み始めるが、また読めない漢字にぶつかるの繰り返し。

これでは読者がストレスを感じます。

一般的に漢字が多く登場する文章は、基本読みづらい上に
堅苦しい印象を与えます。

逆に程良く「漢字」を「ひらがな」にすれば
読み易さと文章の柔らかさを表現する事ができます。

「折角」を「せっかく」に
「」
「平仮名」を「ひらがな」に
「片仮名」を「カタカナ」に

あとは「使用する」を「使う」に替えてみたりとか
これは漢語由来を大和言葉に置き換えて、柔らかさを出すだけでなく
文字数も4文字から2文字に減ってかなりスマートな文章になりますね。

アルファベットは基本的に半角で統一

これは個人的な理由なんですが、半角と全角が混じり合ってるのは
少し見栄えが悪いと感じます。なので個人的に半角に統一しています。

GoogleやYahooなどの固有名詞的な英単語はカタカナ英語にしない

これも同様に個人的な理由。
つまり Google を「グーグル」、Yahooを「ヤフー」と表記したりしないってことです。
何て言うか、私は基本的に名前や社名などの固有名詞は、出来る限りそのままにしています。

文の流れを意識する

文の流れを意識するとは、簡単に言うと「起承転結」みたいなことです。
結論が最後にくることもあれば、わざと結論を先に行ってしまう
(記事タイトルで結論を言ったり)など
記事によって、タイトルを変えたり、文の構成を変えてみたり。

画像を入れる際はデータサイズに気を付ける

あまりに大きいデータサイズの画像を乗せると、表示されるまで時間が掛かり
あまりに時間が掛かると読者側に苛立ちを与えてしまいます。
また、クライアント側だけでなく、サーバー側の回線の帯域に無用な負荷をかけて
その回線を使っている他のサーバーまで重くしてしまいます。

ある程度画像を小さくしたり、縮小画像をクリックすると拡大画像が表示されるなど
工夫したりするのが最善だと思います。


一番大切なこと

以上。
二つの記事に渡り、つらつらと野別まくし立ててきましたが
あまり制約を付けてしまうと自分の思う様な事が書けなくなってしまい
本末転倒になってしまうので、一番は自分の書きたいことを自由に書く事だと思います。
私も勢いでブログを書いてしまっている部分もありますしね (この記事もそう)

ブログ(Blog)とはもともとWebとLogを合わせたWeblog(ウェブログ、)という単語が
省略化してできたものです。

「Web上の記録、日記、雑記」という言葉から始まったんですから
単なる殴り書きだろうが、日常の不満をぐちぐち書こうが、備忘録として残そうが
写真と一緒に自分の生活を記録しようが、コミュニケーションの道具に使おうが

どんな風に使おうとも自分の自由です。
(もっとも、コミュニケーションとしてのブログは、より手軽なTwitterやFacebookとかのサービスの方に流れてしましましたが)

またどんなペースで書こうとそれも自由です。毎日書いても良いし、一週間に数回・一回でも
はたまた数週間に一回でも。

そんなまっさらな自分専用の白紙に自由自在に書ける…
それがブログの醍醐味なんじゃないかなと感じました。

読み易いブログを書く為に私が気を付けてる事(前編)

人には様々なブログの書き方があると思います。
勿論、書き方など一々気にせず、自由に自分が書きたいことを書いている人もいるでしょうし
逆に、こういう書き方に気を付けてる或いは、ここは必ずこうしてるって人もいると思います。

そこで、今回は私がブログを書き上で比較的意識して気を付けている
或いは、意識して気を付けたことががある部分を記事にしたいと思います。

簡潔な文章

出来る限り、無駄な表現を省いてすっきりした文章を書いてる(ように努力してます)
元々、備忘録目的の自分向けブログなので
です・ます口調すら省いて、もっと断言口調的なものにしようかなとも思ってましたが

説明や読者向けは、です・ます口調、自分の心情なんかはその他みたいな
入り乱れた感じになりました。

しかしながら、出来る限り簡潔にするというのはいつも気を付けていたりします。

適度な句点、読点。あと「かぎかっこ」を上手く利用する

句点や読点は言わずもがなですね。

例えば
このように「かぎかっこ」がある文章だと少し読み易くなります。
ひらがなが続いたりする場合は単語を「かぎかっこ」で括り、読み易くしてみると
自分にも、また読む相手方にも良いかもしれません。

適度な改行

基本的には、3~4行の間に1行開けることの繰り返しですが
見易さ重視で2行とか1行にしたりもします。

この様に3~4行程度の文の塊に、1行開けて
たまに文章が1~2行の部分をちょくちょく入れる事で
見易くしていたりしています。

見出しで適度な区切り

文章が長くなりそうなときは、大きな見出しなどで区切ります
例えば「何かをインストールするまでの手順」を記事にするとしたら
「ダウンロード手順」
~説明~

「インストール手順」
~説明~

のような感じにします。

記事を長くし過ぎない

ダラダラと長くなりそうな文章は正直、面倒ですよね。
全部読もうとすると疲れてしまいます。

話が逸れますが、人間の集中力は一時間半程度らしいです。
ブログを訪れた人は、他のサイトなども見ていることから
集中力をすり減らしているので、一回読むのに10分以上集中が必要になる記事は
どんなに詳しくても途中で飽きてしまうばかりでなく、読んでいる人にも内容が伝わり難いです。

なので、長過ぎる場合は1つの記事を複数の記事に分割してしまう。
前編・後編的な感じで。
三つ以上に分割してもいいかもしれません。
ネタの節約にも繋がるし

そういう訳で、長くなりそうなので今回はこの辺で終わりにします。
続きは後編にて。

2012年、今年の大きな出来事まとめ

12月27日(木)
今日の最低気温がなんと-6度でした…何て言う寒さ
ここらへん雪は全然降らないのに、何でこんなに寒いんだろ ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブル

しかしまぁ、もっと北の北海道や北陸、東北の日本海側と言った地方では
凄まじい大雪に見舞われてるようですね。

雪かき大変そうです。

さて、もう今年もあとわずかになりました。
そういう訳で、何となく2012年に起こった大きな出来事をまとめたいと思います。

金環日蝕

2012年05月20日の確か朝の7時30分頃?だったと思いますが、窓から普通に見れました。(勿論、日蝕用の黒い眼鏡をかけて)
とはいうものの肉眼だと結構小さくて、テレビで流されてた専用の機器で拡大撮影した映像の方が綺麗だった気が。

今見てみるとブログでの口調が安定してない↓
金環日蝕

東京スカイツリー開業

5月22日(火)、東京スカイツリーが開業しました。
東武鉄道が500億円を出資した電波塔、兼観光地ですね。
テレビ局は、東武鉄道に電波塔の使用料を支払い、電波を飛ばす事になります。

高さは634mで、自立式電波塔としては一番高く
日本にある建造物でも一番の高さです。
634は、武蔵(むさし)ともごろ合わせされています。

World IPv6 Launch

World IPv6 Launchが6月6日(水)に行われましたね。
当ブログでもこの事についてちょこっとメモ程度に書いてます。
World IPv6 Launch開始でWeb関連企業のIPv6一斉対応

山中伸弥博士のノーベル生理学・医学賞受賞

山中伸弥博士が、イギリスのジョンガートン博士と一緒にノーベル賞受賞しましたね。
生物学はさっぱりなんですが、伝えるところによれば、iPS細胞をもと
筋肉を作る細胞や、特定の内臓を作る細胞、そういった特定の細胞を作り出す事に成功したらしいです。
つまり、一度損傷したら二度と治せない、といった細胞を治療可能にできる技術みたいですね。
これで、難病に苦しむ人々に希望の光が差し込みました。

衆議院選挙

11月16日(金)、衆議院解散が行われ、その一か月後、衆議院銀総選挙が行われました。
師走の真っただ中に行われた衆議院選挙、自民党が圧倒的な議席獲得数で返り咲きましたね。
内閣も発足し、これから景気回復の取り組みに頑張ってもらいたいです。

まとめ

あっという間に過ぎたように感じた2012年ですが、こうしてまとめてみると
多くの出来事があったんだな…なんて思います。

普段、多くの事を見過ごしているのかもしれませんね…(汗
そういった忘れがちな事を残して書いておくのも、ブログの役目の一つであるのかも。

後で読み返したとき「あー、こういうことあったな」「この頃の自分はこんな事考えていたのか、やっていたのか」
みたいな感じで、色々と回想するのも醍醐味ですね。

ffmpeg_rev.47984の自分用コンパイルと更新ライブラリのメモ

前にコンパイルしたffmpegは、ソースが少し前に取得したものだったので
その間に、ライブラリが色々と更新されてました。
という訳で、ffmpegのライブラリを全て更新してコンパイル。

あくまで自分用なので、自分のCPUに最適化しています。

あと、「お気に入りの動画を携帯で見よう」さんのサイトによれば
x264_rev.2230には、バグがあるとのこと。

x264 rev.2230のこだまでしょうか?いいえバグです。 お気に入りの動画を携帯で見よう
ってもうコンパイルしてしまった…。
でも、エンコは正常みたいで特に分かった様子はなさそう。
またコンパイルするの面倒なので、次のリビジョンまで待ちます。
続きを読む

音楽ファイルをfdk-aacに変換

前回の記事で、fdk-aacを組み込んだffmpegをコンパイルしました。
そういう訳で今回は、そのffmpegでfdk-aacを使ってみます。

ここでは ffmpeg.exe 単体で変換しますが
携帯動画変換君などのフロントエンドを使ったり
一連の処理をバッチファイルにまとめて、ドラッグ&ドロップで変換したりしてもいいと思います。
(というか頻繁に使う場合は、そちらの方が楽)

fdk-aacに変換

まずffmpegがある場所でコマンドプロンプトを開く。
( [Shift] を押しながら右クリックすれば、右クリックメニューに「コマンドウィンドウをここで開く」あるのでそれで開く)

変換する音楽ファイルは、CDから音源で「ラデツキー行進曲」

恐らく、名前を知ってる人も多いと思いますが、知らない人でも曲を聴けば一度は
聴いた覚えがあるはず。こんな曲です↓

そんな訳でコマンドライン。256kbpsで変換。
今回は単なるテスト目的なのでデフォルトの AAC-LC を使います。
ffmpeg -y -i "ラデツキー行進曲_作品228.wav" -vn -acodec libfdk_aac -ac 2 -vol 256 -ab 256k "OutputFile21.m4a"

snapshot_fdk_001
日本語のファイル名なので思いっきり文字化けしてますが
ちゃんと変換されます。

出力されていたら、無事完了。

確認のためPSPに入れたところ、きちんと再生されました。
これで、iPodやPSP他ミュージックプレイヤーなどに入れて持ち運べますね。

あとプロファイル指定を行いたい場合は、以下のようにコマンド追加。
例えば、HE-AACなら
-profile:a aac_he

-profileオプションを指定しない場合
自動的にデフォルト値である AAC-LC になります。