様々なコケ(藻)に悩まされる60cm水槽…

前回の記事でちょこっと話しましたが一年前にに60cm水槽(約57L)を購入しまして
30cm水槽(約12L)と25cm(約7.5L)水槽と合わせて3つの水槽があります。

しかしながら、60cm水槽では茶色いとろろ昆布状のコケ(藻)とアオミドロが大繁殖してしまい、かなり頭を抱えています…。
アマゾンソードとスクリューバリスネリアという水草があるのですが、その葉っぱに茶色いとろろ昆布状のコケとアオミドロが絡みついてしまいました。

とりあえず、毎日こまめに茶色いとろろ昆布状のコケやアオミドロを取り除いたり、LED照明を2灯から1灯へと光量を弱めたり、エーハイムのリン酸除去剤を使ってリン酸やケイ酸を吸着したり、エーハイム クラシックフィルター2213のフィルター内部を掃除したりしましたが、今のところが収まる気配はありません…。

恐らく、アカヒレをこの60cm水槽で20匹以上、ヤマトヌマエビを9匹飼っているので、その糞や餌の食べ残しによって窒素過多の状態なんだと思います。
これからはさらに一日一回三分の一程度換水を毎日続けて養分を排出するしかないですね…。あと餌の量を減らすとか…。

DSCF0501-resize

個人的には、水草水槽というよりも生体メインなので水草はそこそこ育ってくれればいいかなと思っていたんですが、それすらもできずコケまみれです…。
DSCF0502-resize

スクリューバリスネリアに絡まるアオミドロ…
アクアリウムは本当にコケ(藻)との戦いですね…(汗
DSCF0503-resize

実は、この60cm水槽を買ったのとほぼ同時期にハイグロフィラ・ポリスペルマという水草も買ったのですが
残念ながら、溶けてしまいました。原因は単純に、肥料不足です。

初めのころはソイルに養分があったのでハイグロフィラ・ポリスペルマも順調に育っていたのでうれしくなってしまい、水面まで達したら挿し戻しを行い調子に乗ってどんどん増やし水槽の半分を占めるまで増やしてしまいました。

異変が起きたのはその頃で、急に成長が止まり元気がなくなってしまい、それと同時にコケが増殖し始めてきました。
ハイグロフィラ・ポリスペルマだけではなくスクリューバリスネリアやアマゾンソードの成長も止まってしまい、ついにはコケまみれに…。

恐らく、肥料を埋めず大量に水草を増やしてしまったので
ソイルが含んでいたカリウムもしくは鉄やカルシウム、マグネシウムなどの微量元素、もしくは両方が不足してしまったのかもしれません。

逆に窒素やリンはアカヒレやヤマトヌマエビの食べ残しや糞で供給されていたため、窒素とリンが相対的に過剰に、そしてカリウムや微量元素が不足するという感じで養分のバランスが著しく狂ってしまったのではないのかなと推測しています。

どうしてそう言い切れるのかというと、成長が止まってしまった水草にテトライニシャルスティック(カリウムと微量元素主体の固形肥料)を規定量の1/10にあたる6g、およそ、1株あたり数個埋め込んだところ、わずか一週間で鮮やかな緑の葉っぱを出してきたからです。さらに、スクリューバリスネリアにいたっては、イニシャルスティックを埋め込んで4週間を過ぎた頃からランナーを出し始めて、増え始めました。

アクアリウムって難しくけど奥が深い。
そこが魅力でもあるんですけどね。
いつか綺麗な水槽にしてアカヒレやヤマトヌマエビを泳がせてあげたい…。

広告

2016年最初の挨拶とアカヒレとコクワガタについて

画像

明けましておめでとうございます(激遅)。
今年もよろしくお願いいたします。

はい、ちゃんと生きてますよ。読んでる人はいないと思うけれどw

もう3月も終わりになりますが、ちょっと嬉しい出来事があって
それは飼っているアカヒレから稚魚が生まれたこと。
(正確には稚魚ではなく、仔魚(しぎょ)と呼ぶそうだけど、分かりやすさ重視で稚魚で行きます)

akahire-chigyo01.PNG

30匹ほど生まれ、現在はバケツに隔離して稚魚用フードを与えて育てている真っ最中。
果たして、このうち何匹が立派な成魚となるのか…
もし全員育ってしまったら、水槽を買い足さないといけなくなる…
う~ん、それも困った。まさかたった4匹から30匹が生まれるとは思いもよらなかったなと嬉しいような困ったような。
それでもちゃんと責任をもって育てるつもり!

それと2014年8月にアパートの階段にいたのを捕獲して飼い始めたコクワガタも
二度目の冬眠から目が覚めたみたい。
ゼリーを喰った形跡がある。

今見たら、コクワが出てきているのを確認した。
一度目は4月の中旬頃に冬眠明けをしたんだけれど、今回はちょっと早い。
でも冬眠明けは☆になり易いと聞くからちょっと心配。

もう春なんだな~と感じさせる出来事でした。

熱帯魚を飼い始めた

aquarium001

タイトルにある通り、熱帯魚の飼育を始めてみた。(6~7年ぶり)。
子供の頃よく熱帯魚を育てたのでこれが初めてではない。
実を言うと、動画でたくさんの熱帯魚が水槽で泳いでいるのを観て、また飼ってみたいと思ったのがきっかけだった。
それで、2015年の14-15日に熱帯魚を取り扱っているペットショップに行ってガラス製の水槽、八匹の熱帯魚(アカヒレ)、水草
そして水槽につく苔を綺麗にするためのミナミヌマエビを購入した。

as described in the title, I started to raise tropical fishes after an interval of 6-7 years. I used to raise them when I was a kid so that this is not my first time to do it.
When I watched videos on which a bunch of them are swimming in an aquarium, my voice inside led me to want to again as a matter of fact.
then on 14th and 15th February 2015, I went to an a pet shop dealing with tropical fishes and bought an aquarium made out of glass, eight fishes(White Cloud Mountain minnows), waterweeds and five very little shrimps to let clean up algae which sticks on the aquarium.

すぐさま家で水槽の環境づくりに取り掛かって
最初に目に見えない埃を綺麗にするために水で水槽や濾過器などを洗ってから組み立てた。
次に水槽を水で満たした後、魚に有害な塩素を取り除くためにカルキ抜きを入れ
最後に、phショックで死なないよう細心の注意を払いながらゆっくり魚を水槽に入れた。
一から環境を作り上げるのは面倒だったけど、可愛い熱帯魚は見ているだけで癒される。これからアクアリウム生活を楽しみたいと思う。

I got down to setting up my aquarium environment after getting home in no less than time.
first of all(first and foremost), I washed those by water in order to clean as small dust as I can’t see, and then I put those together.
Next up, I filled the aquarium with water and get chlorine remover in there to get rid of chlorine which does fishes harm.
at last, I got fishes in water as slow as possible with care while getting them used to water because there’s a possibility that they result from dying from ph shock if I threw them in water in a harry.
I found it quite lazy to build up and put together the environment from the ground up though, but cute tropical fishes make my heart cleared up and healed if only I’m watching their swimming. I want to enjoy my aquarium life from now on.

今日はここまで。
that’s it for today’s post.
thank you very much for reading!