餌くれダンスをするミドリフグが可愛い件

たまたま見つけたYouTubeの動画なんですが、餌くれダンスが激しくて可愛かったので紹介します。
観賞魚を飼っている身としてはとても羨ましい。
魚ってこんなに慣れるものなんですね。

広告

様々なコケ(藻)に悩まされる60cm水槽…

前回の記事でちょこっと話しましたが一年前にに60cm水槽(約57L)を購入しまして
30cm水槽(約12L)と25cm(約7.5L)水槽と合わせて3つの水槽があります。

しかしながら、60cm水槽では茶色いとろろ昆布状のコケ(藻)とアオミドロが大繁殖してしまい、かなり頭を抱えています…。
アマゾンソードとスクリューバリスネリアという水草があるのですが、その葉っぱに茶色いとろろ昆布状のコケとアオミドロが絡みついてしまいました。

とりあえず、毎日こまめに茶色いとろろ昆布状のコケやアオミドロを取り除いたり、LED照明を2灯から1灯へと光量を弱めたり、エーハイムのリン酸除去剤を使ってリン酸やケイ酸を吸着したり、エーハイム クラシックフィルター2213のフィルター内部を掃除したりしましたが、今のところが収まる気配はありません…。

恐らく、アカヒレをこの60cm水槽で20匹以上、ヤマトヌマエビを9匹飼っているので、その糞や餌の食べ残しによって窒素過多の状態なんだと思います。
これからはさらに一日一回三分の一程度換水を毎日続けて養分を排出するしかないですね…。あと餌の量を減らすとか…。

DSCF0501-resize

個人的には、水草水槽というよりも生体メインなので水草はそこそこ育ってくれればいいかなと思っていたんですが、それすらもできずコケまみれです…。
DSCF0502-resize

スクリューバリスネリアに絡まるアオミドロ…
アクアリウムは本当にコケ(藻)との戦いですね…(汗
DSCF0503-resize

実は、この60cm水槽を買ったのとほぼ同時期にハイグロフィラ・ポリスペルマという水草も買ったのですが
残念ながら、溶けてしまいました。原因は単純に、肥料不足です。

初めのころはソイルに養分があったのでハイグロフィラ・ポリスペルマも順調に育っていたのでうれしくなってしまい、水面まで達したら挿し戻しを行い調子に乗ってどんどん増やし水槽の半分を占めるまで増やしてしまいました。

異変が起きたのはその頃で、急に成長が止まり元気がなくなってしまい、それと同時にコケが増殖し始めてきました。
ハイグロフィラ・ポリスペルマだけではなくスクリューバリスネリアやアマゾンソードの成長も止まってしまい、ついにはコケまみれに…。

恐らく、肥料を埋めず大量に水草を増やしてしまったので
ソイルが含んでいたカリウムもしくは鉄やカルシウム、マグネシウムなどの微量元素、もしくは両方が不足してしまったのかもしれません。

逆に窒素やリンはアカヒレやヤマトヌマエビの食べ残しや糞で供給されていたため、窒素とリンが相対的に過剰に、そしてカリウムや微量元素が不足するという感じで養分のバランスが著しく狂ってしまったのではないのかなと推測しています。

どうしてそう言い切れるのかというと、成長が止まってしまった水草にテトライニシャルスティック(カリウムと微量元素主体の固形肥料)を規定量の1/10にあたる6g、およそ、1株あたり数個埋め込んだところ、わずか一週間で鮮やかな緑の葉っぱを出してきたからです。さらに、スクリューバリスネリアにいたっては、イニシャルスティックを埋め込んで4週間を過ぎた頃からランナーを出し始めて、増え始めました。

アクアリウムって難しくけど奥が深い。
そこが魅力でもあるんですけどね。
いつか綺麗な水槽にしてアカヒレやヤマトヌマエビを泳がせてあげたい…。