ミニトマトの葉と茎が丸まくなる現象

ミニトマトは結局、東から午前中日光が入る、日当り良好な自分の部屋で育てることに。
そして管理も自分に…。

さて、順調につぼみをつけて花が咲きそうな気配のミニトマトに異変が。

一番上の先端の新芽がくるくると丸くなってる…。

cherrytomato-snapshot01

cherrytomato-snapshot02

まずこの症状で真っ先に思い当たるのが、肥料過多(窒素過多)。
だが、これまで一回も追肥しておらず、土が乾いたら水をやっているのみ
(およそ2~3日に一回)

ということは、まさかこの土って肥料入りの培養土だったりして…と確認してみると
まさしくその通り肥料入りの培養土でした。

こういった現象の主な原因は、肥料過多(窒素過多)。
最近は、あいにくの曇りや悪天候で日照不足気味だったから、窒素が消費されなくて
窒素過剰の状態になっちゃったのかも…

基本的には、以下の二つの方法のどちらかで対処する

* 水やりを極力控える、あるいは水の供給を停止して
根からの窒素吸収を抑制して、自然と窒素が消費されるのを待つ。

* 固形肥料の与え過ぎの場合は、逆に植木鉢から溢れるほど
灌水(水やり)して余分な肥料を洗い流す。

自分の場合は、晴天になるまで水やりを控えて
根からの養分吸収を抑えることにしました。

今は、これで様子見して
晴天になったら、しっかり直射日光を当ててやり
元の2~3日に一回間隔の水やりに戻すことにする。

いやー植物の管理って難しい!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中