起動不能な旧PCからデータ救出した備忘録

ここ数か月間、自分のPCが起動不能に陥って更新出来なかったということは
もうすでにこの前ブログに書いているけど

今回はデータを救出するお話というか備忘録用の手順メモ

用意するもの

* USBフラッシュメモリ(外付けHDDでもデータが保存可能であれば何でも)
* Ubuntuがデュアルブートされた 起動不能な WIndows
あるいはレスキューディスク。ぶっちゃけ端末が使えるやつだったら何でもいいと思う。

あ、先に問題点を書いておくと
この方法だとフォルダ名やファイル名の日本語が文字化けする。
(テキストファイルとかのファイルの中身は問題ない)

手順1: 端末でログイン

前にも書いたけど起動不能といっても、厳密には起動はできるけど
デスクトップ画面で固まったり、強制的に再起動がかかったりする。

取り敢えず、CLI(コマンドライン)や端末だと固まったりせず長期的に起動できるので
これでデータの救出を図る。
壊れたのがメモリ関連でみたいでよかった。HDDはどうやら無事らしい。

デュアルブートで Ubuntu を選択し、そのままログイン画面へ。
ログイン画面で「セッション」を選択し「フェイルセーフの端末」を選択

端末起動にしてログインする。

画面が小さく水来のであれば
[Ctrl] + [Alt] + [F1]を押して、以下のように仮想端末から作業を行ってもよい。
この場合、またログインする必要があるけど全画面で作業できる。


login: username
password: yourpassword

だけど日本語が文字化けする…が支障はないのでそのまま作業を進める。

手順2: マウント

救出したデータを保存するUSBメモリをマウントする作業から。
まず、USBメモリを差し込み以下を実行

sudo fdisk -l

これでどのデバイスがUSBメモリか確認する
自分の場合は /dev/sdb1 がそれだった。IO-DATAと書いてあるしね

マウントするディレクトリを作成しマウントする

mkdir /media/usb
sudo mount /dev/sdb1 /media/usb

※普通、/mnt以下にマウントするのがLinuxやUNIX伝統的らしいけど
ここでは/media以下にマウントした。(だって「media」の方がタイプしやすいんだもん…)

ここではCドライブを新たにマウントする。

mkdir /media/winC
sudo mount /dev/sda2 /media/winC

マウントしたCドライブに移動し、lsコマンドを実行

cd /media/winC
ls -lh

ずら~とCドライブ以下のファイルやフォルダが一覧表示されたら、マウント成功。
他にも df -Th とかでHDD容量とか見といてもいいかもしれない。

手順3: データをコピーして救出

後はcpコマンドで、先ほどのUSBメモリにデータをコピーして救出

sudo cp -a ./Users/YOURUSERNAME /media/usb

コピーするデータ量にもよるけど基本的に結構時間がかかるので、そのまま放置。
コヒーブレイクするなり、別の作業するなり、買い物行くなり時間を潰す。

データがちゃんとコピーされているか確認

cd /media/usb
ls -l

手順4: アンマウントしてシャットダウン

確認できたらUSBをアンマウント

sudo umount /dev/sdb1

(これは任意の作業だけど)マウントしたディレクトリの削除
(自分は面倒なので削除せず、また次に再利用してる)

rm -r /media/usb

取り外せば、救出成功。後はシャットダウン

sudo shutdown -h now

以上。日頃から、バックアップするようにしたバッチファイルを定期的に
タスクスケジューラで走らせておけばこんな面倒なことやらずに済んだのにね。

定期的なバックアップは重要ですな…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中