再び薬をもらいに病院へ

処方された分の薬をすべて飲み終え、再び病院へ行ってきた。

取り敢えず処方された薬で様子見の結果を医師に報告。

症状は改善されてるけど
夜に不安感というか喉のつかえ感がある時があるとか
緊張はまだ手に汗握るほどあることを伝えたら

薬を調整しましょうと言われた。
まぁ、要するに薬の量を少し増やしたというわけです、はい。

レキソタン(不安による消化不調を整える)はそのままで
パキシル(抗うつ・抗不安薬)が10mgから15mgに。
ナウゼリンもそのまま
(パキシルは副作用として吐き気があるので胃を荒らさない&吐き気止め)

パキシルはジェネリック医薬品あるらしいけど、どうなんだろうね。

う~ん…、ジェネリックは特許が切れた薬をほかのメーカーが
作った後発医薬品で開発費用がない分費用が安くなる。

薬代を安く抑えたいならジェネリックだろうけど
パキシルでいいかな…薬を突然変えると体にアレそうだし…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中