読み易いブログを書く為に私が気を付けてる事(後編)

前編からの続き

難しい単語は「漢字」ではなく「ひらがな」を使ってみる

私の場合あまりこれはやりませんが(勿論、かなり難しい漢字では平仮名に直す場合もあり)
多くの人に見てもらう事を意識する場合は「漢字」ではなく「ひらがな」を使うと良いかもしれません。
一般的に難しい漢字を含む文章は読みにくいです。。

せっかくテンポ良く読んでいたのに、読めない漢字にぶつかり
また読み始めるが、また読めない漢字にぶつかるの繰り返し。

これでは読者がストレスを感じます。

一般的に漢字が多く登場する文章は、基本読みづらい上に
堅苦しい印象を与えます。

逆に程良く「漢字」を「ひらがな」にすれば
読み易さと文章の柔らかさを表現する事ができます。

「折角」を「せっかく」に
「」
「平仮名」を「ひらがな」に
「片仮名」を「カタカナ」に

あとは「使用する」を「使う」に替えてみたりとか
これは漢語由来を大和言葉に置き換えて、柔らかさを出すだけでなく
文字数も4文字から2文字に減ってかなりスマートな文章になりますね。

アルファベットは基本的に半角で統一

これは個人的な理由なんですが、半角と全角が混じり合ってるのは
少し見栄えが悪いと感じます。なので個人的に半角に統一しています。

GoogleやYahooなどの固有名詞的な英単語はカタカナ英語にしない

これも同様に個人的な理由。
つまり Google を「グーグル」、Yahooを「ヤフー」と表記したりしないってことです。
何て言うか、私は基本的に名前や社名などの固有名詞は、出来る限りそのままにしています。

文の流れを意識する

文の流れを意識するとは、簡単に言うと「起承転結」みたいなことです。
結論が最後にくることもあれば、わざと結論を先に行ってしまう
(記事タイトルで結論を言ったり)など
記事によって、タイトルを変えたり、文の構成を変えてみたり。

画像を入れる際はデータサイズに気を付ける

あまりに大きいデータサイズの画像を乗せると、表示されるまで時間が掛かり
あまりに時間が掛かると読者側に苛立ちを与えてしまいます。
また、クライアント側だけでなく、サーバー側の回線の帯域に無用な負荷をかけて
その回線を使っている他のサーバーまで重くしてしまいます。

ある程度画像を小さくしたり、縮小画像をクリックすると拡大画像が表示されるなど
工夫したりするのが最善だと思います。


一番大切なこと

以上。
二つの記事に渡り、つらつらと野別まくし立ててきましたが
あまり制約を付けてしまうと自分の思う様な事が書けなくなってしまい
本末転倒になってしまうので、一番は自分の書きたいことを自由に書く事だと思います。
私も勢いでブログを書いてしまっている部分もありますしね (この記事もそう)

ブログ(Blog)とはもともとWebとLogを合わせたWeblog(ウェブログ、)という単語が
省略化してできたものです。

「Web上の記録、日記、雑記」という言葉から始まったんですから
単なる殴り書きだろうが、日常の不満をぐちぐち書こうが、備忘録として残そうが
写真と一緒に自分の生活を記録しようが、コミュニケーションの道具に使おうが

どんな風に使おうとも自分の自由です。
(もっとも、コミュニケーションとしてのブログは、より手軽なTwitterやFacebookとかのサービスの方に流れてしましましたが)

またどんなペースで書こうとそれも自由です。毎日書いても良いし、一週間に数回・一回でも
はたまた数週間に一回でも。

そんなまっさらな自分専用の白紙に自由自在に書ける…
それがブログの醍醐味なんじゃないかなと感じました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中