読み易いブログを書く為に私が気を付けてる事(前編)

人には様々なブログの書き方があると思います。
勿論、書き方など一々気にせず、自由に自分が書きたいことを書いている人もいるでしょうし
逆に、こういう書き方に気を付けてる或いは、ここは必ずこうしてるって人もいると思います。

そこで、今回は私がブログを書き上で比較的意識して気を付けている
或いは、意識して気を付けたことががある部分を記事にしたいと思います。

簡潔な文章

出来る限り、無駄な表現を省いてすっきりした文章を書いてる(ように努力してます)
元々、備忘録目的の自分向けブログなので
です・ます口調すら省いて、もっと断言口調的なものにしようかなとも思ってましたが

説明や読者向けは、です・ます口調、自分の心情なんかはその他みたいな
入り乱れた感じになりました。

しかしながら、出来る限り簡潔にするというのはいつも気を付けていたりします。

適度な句点、読点。あと「かぎかっこ」を上手く利用する

句点や読点は言わずもがなですね。

例えば
このように「かぎかっこ」がある文章だと少し読み易くなります。
ひらがなが続いたりする場合は単語を「かぎかっこ」で括り、読み易くしてみると
自分にも、また読む相手方にも良いかもしれません。

適度な改行

基本的には、3~4行の間に1行開けることの繰り返しですが
見易さ重視で2行とか1行にしたりもします。

この様に3~4行程度の文の塊に、1行開けて
たまに文章が1~2行の部分をちょくちょく入れる事で
見易くしていたりしています。

見出しで適度な区切り

文章が長くなりそうなときは、大きな見出しなどで区切ります
例えば「何かをインストールするまでの手順」を記事にするとしたら
「ダウンロード手順」
~説明~

「インストール手順」
~説明~

のような感じにします。

記事を長くし過ぎない

ダラダラと長くなりそうな文章は正直、面倒ですよね。
全部読もうとすると疲れてしまいます。

話が逸れますが、人間の集中力は一時間半程度らしいです。
ブログを訪れた人は、他のサイトなども見ていることから
集中力をすり減らしているので、一回読むのに10分以上集中が必要になる記事は
どんなに詳しくても途中で飽きてしまうばかりでなく、読んでいる人にも内容が伝わり難いです。

なので、長過ぎる場合は1つの記事を複数の記事に分割してしまう。
前編・後編的な感じで。
三つ以上に分割してもいいかもしれません。
ネタの節約にも繋がるし

そういう訳で、長くなりそうなので今回はこの辺で終わりにします。
続きは後編にて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中