FDK-AACを組み込んだffmpegをコンパイルしてみた

二ヶ月ちょっと前にx264をWindows上でコンパイルしてみましたが
記事の最後にも書いてある通り、ffmpeg もコンパイルしてみました。

折角なので高音質?と噂のFDK-AACライブラリ(AACエンコーダ)も一緒にffmpegに組み込んでいます。

もともと、ネット上で配布されているffmpegは
faacやfdk-aacなどの一部のライブラリが含まれていません。

何故ならfaacやfdk-aacはオープンソースではあるものの、「Non-Free」なライブラリであり
これらを含む実行ファイルの再配布ができないからです。

一言で言えば、ライセンス上の関係ですね。

つまり、faacやfdk-aacを利用するには
自分でソースコードから faac や fdk-aac といったライブラリを含むffmpeg をコンパイルする必要があります。

そんな訳で、fdk-aacを利用してみたいと思い、自分用にコンパイルした次第。
環境はx264をコンパイルした時と同じ MinGW / MSYS。

まず、ここからfdk-aacをダウンロード

$ tar zxvf fdk-aac-0.1.1.tar.gz
$ cd fdk-aac-0.1.1
$ ./configure
$ make
$ make install

後は、ffmpegの./configure オプションに「–enable-nonfree –enable-libfdk-aac」を追加して make してffmpegをコンパイルすればOK。

ffmpegのコンパイルについては、長くなってしまうので今回は割愛。
まとまり次第、書き留めたいけど面倒なんだよなー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中