国内ブラウザシェアを先月と比較

国内のブラウザのシェアが先月とどれくらい変化したか比較してみました。
国内ブラウザシェアのデータは、以下のサムライファクトリーのレポートを参照しました。

このレポートは、サムライファクトリーが忍者ツールズのアクセス解析を使って
国内のブラウザシェアの調査を行ったものです。

【OS・ブラウザー国内シェア調査】〜スマートフォンのシェア拡大〜 2012年2月度発表
【OS・ブラウザー国内シェア調査】〜Safariのシェア拡大傾向〜 2012年1月度発表

2012年01月の国内シェア
IE: 56.59%
Fx: 13.27%
Sf: 11.49%
GC: 11.02%
Op: 2.14%

2012年02月の国内シェア
IE: 56.23% (-0.36%)
Fx: 13.09% (-0.18%)
Sf: 11.82% (+0.33%)
GC: 11.39% (+0.37%)
Op: 2.13% (-0.01%)

この結果を見ると、国内シェアは IE と Firefox が減少し
反対に、Safari や Google Chrome がシェアを拡大している事が分かります。
Operaは、ほぼ増減なしと言っていいでしょう。

ところがどっこい、世界シェアではこんな事になっている模様です。
Firefoxのシェアが回復、Chrome伸び悩み – 2月デスクトップブラウザシェア

Market Share の方は、全世界でのシェアなのに対して
サムライファクトリーの方は、国内シェアだけだからやっぱり差異があるみたい。
と思って Market Share のサイトを覗いてみたら
Firefox が0.04%の微増、Chromeは0.04%の微減だ…。

マイナビニュースでは「Firefoxのシェア回復」って書いてあるけど
ぶっちゃけ、あんまり変わってないような…?

しかし、こうしてみると Webkit エンジン搭載のブラウザ(Safari、Chrome)が
じわじわと上昇している事には変わりありません。

IEは、一時期96%以上のシェアを占めていましたが
FirefoxやGoogle Chromeなどの新しいブラウザの台頭により
現在では50%台と半分を切りそうです。

Opera は、デスクトップ市場ではシェアが低いですが、
モバイル向けでは、逆に Opera Mini のシェアが14.42%を占め
iOS標準搭載ブラウザのSafari、Android標準搭載ブラウザの Android Browser に次いで
三番目のシェアを獲得しています。

これからブラウザ市場がどんな展開になっていくのか楽しみです。

広告