高性能なCPU、省電力なCPU、コストパフォーマンスが優れるCPU

CPUベンチマークの結果を公開しているサイト(海外)を見つけたんでメモ。
どんなCPUが良いか迷ってる場合は、CPUの性能比較と購入の参考にいいかも。

性能別や、価格比の性能別(コストパフォーマンス別)や、Intel と AMDの市場シェアなんかも載ってる。

PassMark Software – CPU Benchmark Charts

ベンチマーク結果順(ベンチマークが高いほど性能が良い)

自分が気になったのを適当に抜き出したので、かなり中途半端。

Intel Core i7-3960X @ 3.30GHz
ベンチマーク: 15,308
価格: $1,049.88
現在1位

Intel Core i7-3930K @ 3.20GHz
ベンチマーク: 14,562
価格: $664.61
現在2位

Intel Core i7-2700K @ 3.50GHz
ベンチマーク: 10,297
価格: $369.99
現在9位

AMD FX-8150 (8-Core)
ベンチマーク: 8,380
価格: $269.99
現在27位

AMD FX-8120 (8-Core)
ベンチマーク 7,271
価格: $199.99

AMD Phenom II X6 1100T
ベンチマーク: 6,304
価格: $238.15

AMD Athlon II X4 640
ベンチマーク: 3,482

ベンチマークスコアが一番よかったのは「Intel Core i7-3960X @ 3.30GHz」
現在コストパフォーマンスで一番よかったのは「Intel Celeron G530 @ 2.40GHz」

こんな感じみたい。細かい詳細は、PassMark Software – CPU Benchmark Chartsを見て下さい。
性能の順位や価格は現時点でのもので、時間が経つにつれ変動するので注意。

因みにIntel Core i7-3000シリーズの最上位機種である Intel Core i7-3960X の後継の
Intel Core i7-3980X も2012年のQ2頃に発売されるのではないかとの噂。

しかし、こういった表を見ると、性能では「Intel」
コストパフォーマンスでは「AMD」といった意見は割と的を射ているんじゃないかなと思う。
※コスパ1位はIntel Celeron でしたが、コスパ上位は AMD が多かった。

もし、自分のPCのCPUを Intel Core i7-2700K に替えたら一気に10倍の性能に…。
ただ、自分の場合そんなにCPUを使う時ってそんなにないかも。

動画のエンコードとか、プログラムのコンパイルとか、動画の再生くらいしか思いつかなかった…。
ネット利用とメール+アルファ程度くらいだったら、むしろ性能が余るくらい。

しかし、どこまで高性能になるんだ…。
プロセスを細分化して性能を上げるのは物理的な限界があるらしい。
今は32nm だけど、確か 16nm くらいが限界?とどっかできいた覚えがある(ソースないので確証なし)。

あと、気付いたんだけど英語では「コストパフォーマンス」って言わないみたい。
サイトには「Price performance」って書いてあった。

その他
インテルのマイクロプロセッサが誕生40周年、その歴史をふり返る – GIGAZINE
Intel最新CPU「Core i7-3960X」は40年前の初代CPU「4004」何個分なのか? – GIGAZINE

Intel Core i7-3960X は、初代CPU「4004」35万個分と同じ能力とのこと。
40年間でここまで進化してるのかぁ。
でも、あと1年後にはさらに高性能なCPUが登場してるんだろうなぁ…なんて思ったり。
PCの買い替えときがイマイチ分からないというか、難しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中