PCが不調

実は結構前からPCが不調に陥っている。
PCに負荷が掛かる処理をしたり、或いは、何もしていなくてもセキュリティ対策ソフトが
自動的にウイルススキャンしたり、更新ファイルをアップデートしたりしてもたびたび落ちてしまう。

特に厄介なのがソフトウェアのインストール時にも落ちてしまう事である。

こんな不調に陥っているPCではあるが、その原因は分かっている。

…実は、購入してからずっと掃除をしていないのである。
恐らく、PC内部はホコリまみれ。
それの所為で、CPUとマザーボードの温度が80〜90度を常にうろうろしている状況。

大抵のマザーボードには、高温や電圧が不安定な状態が続くと安全装置が働いて
PCの電源が勝手に落ちるようなっている。
なので、PCが過負荷な状態だと落ちてしまうのだろう。

つまりだ。単純な話、解決方法はPC内部の掃除な訳だ。

実は、このPCの掃除、侮ってはいけない。
掃除しただけでCPU温度が5〜7度も温度が下がる事がある。(もしくはそれ以上下がるかも)

いくら高性能な冷却装置を取り付けていても、内部ホコリまみれでは、本領を発揮出来ない。
やはり、一番冷却効果があるのは、こまめに行う掃除なのである。
(PCに限らず冷房とかもそうだよね)

んな事分かっているならさっさとやればいいじゃんという話なのだが
ただ、当方のPCはディスプレイと本体が一体となった一体型PCなので、色々とやり辛い…。

今更ながら、メンテナンスのし辛さや、拡張性において
メーカ製の一体型PCなんて買わなきゃよかった…と後悔している。

でも、当時はPCに関する知識など皆無で
OSには多数のメーカが販売するPCに入っている「Windows」と
アップルが販売する Mac に入っている「Mac OS X」があるという事くらいしか知らなかった。

CPUやらマザーボードやらメモリやらPCを構成するパーツを購入して
組み立ててPCを作る自作PCなども知らなかった。

そもそも、PCを構成するパーツそのものを知らなかった。

それはもう、キーボードで文字を入力する事すら、たどたどしかったのである。
仕方がなかった…。

さて、話を元に戻すが

実は、過去に何度かネジを外してカバーを開け掃除しようかと思ったが
なぜだ…、開かない…。

「カバー開けさせて!」
PC「断る」

自分自身がこんなにも不器用だとは思わなかった…。
まさか、PCのカバーを開ける事すら出来ないなんて。

くそ、これでは「次のPCは自作PCで!」と思っているのに
ちゃんと組み立てられるかどうか不安になってくる。

そもそも、こういうのは仕事上ウチの親が得意だから
ちょっと明日相談でもしてみるか。

もし、この掃除をしてCPU温度が下がらなかったら
ハードウェアそのものに問題が発生しているとしか言いようがない。

そうなったら、新しいPCに買い替えかなぁ。

広告