KDDI auひかりのIPv6対応とIPv6の普及

そういえば、ここ最近 auひかり(プロバイダ)の広告が入っていたり
セールスマンが直接家に出向いて、ウチのプロバイダに乗り換えないか?としきりに勧誘があった。

ちょっと気になっていたので調べてみれば、なんとIPv6対応になってるじゃないの!
しかもKDDI auひかりユーザの15%がIPv6対応らしい。

Geekなぺーじ : KDDI auひかりユーザの15%がIPv6対応?

光ファイバーサービス「auひかり」におけるIPv6アドレスの割り当て開始について | 2011年 | KDDI株式会社

なるほどー、この事だったのね。
当方が住んでいる県では、2012年に対応する予定とのこと。

価格もインターネット+電話(525円)で 5,980円 と
現在加入しているプロバイダより1000円以上もお安い。

しかも、回線速度は 1Gbps(あくまで論理値なので実際はもっと遅い)と高速
現在加入しているのは 100Mbps。

うわー、これは悩む。
乗り換えが凄く面倒だけど
でも安いし、IPv6対応だし、高速だし…。

引越しとか何かきっかけがあれば、思い切り出来そうなんだけども。
早くIPv6に興味がある当方としては、魅力的。

ちょっとIPv6についての話

えー、ご存知の方と全くご存知ない方、両方ともいるでしょうけど
実は2011年06月08日(日本時間で8日の午前9時からの24時間)に World ipv6 day という
IPv6の世界的なイベントが開催されていたんです。

これはどういうイベントなのかと言うと Internet Society(ISOC) が参加を呼び掛けで
インターネット上の世界中のサーバを24時間だけIPv6に対応させて
IPv6へ移行する際の問題と課題解決及びIPv6推進の一環として行われた世界規模イベントです。

これには、google.com や youtube.com など世界約300サイトが参加していました。
でまぁ、無事大きな問題もなく閉幕した訳ですが、IPv6移行への課題も多そうです。

その事について
Geekなぺーじ : KDDI auひかりユーザの15%がIPv6対応?
でも書かれてしますが、要約しますと

世界全体のIPv6普及は全く進んでおらず、まだ全体の0.3%。
その大半はフランスと日本にある2つのネットワーク。

んで、日本のKDDIは5週間で15%近くのユーザにIPv6を提供し
日本のIPv6普及に大きな貢献したとのこと。
詳しくはリンク先を参照。

IPv4枯渇問題については、以下を見るとよくわかると思います。

Geekなぺーじ : IPv4アドレス枯渇。その意味と恐らくこれから起きること

広告